2016.12.28

追悼 佐藤弘和さん

大好きな作曲家ギタリストだった佐藤弘和さんが亡くなり、お葬式にうかがってお見送りしました。

あまりにも暖かった命日に続き、前日の涙雨から青空なんて偉大な音楽家を送り出すのに相応し過ぎて悲しみが募ります。
とにかく優しい人で、お葬式でも生前の人柄が偲ばれました。ギター界でここまで優しさと才能を持ち合わせた人はいなかったでしょう。式の間に流れていた曲、弾かれた曲にあふれる優しさが参列者にも伝わっていることが感じられ、佐藤さんの曲は必ず弾き継がれていくことを確信しましたが、より多くの方に佐藤さんの曲を弾いてもらいたいとも思うので、演奏の思い出とともに追悼してみることにします。

佐藤さんの曲との出会いは、1990年代の初めに現代ギター誌に時々掲載された1ページの楽譜です。特段のプロフィールの記述もなく唐突に載っていて、新進のアコギの人かななどと思いながら弾いてみたら美しく弾きやすいので、以後出るたびに弾いていました。この頃の作品は、佐藤弘和ギター作品集「秋のソナチネ」に入っています。
この曲集は「素朴な歌」も収録されており、タイトル曲も含めて名曲ぞろいですね。

その後、オリジナル曲を参加条件とするオムニバスアルバムにお声をかけていただいたため、当時現代ギターの編集長だった故・菅原潤さんを通じて二重奏の作曲をお願いしました。それがこのSuite for Twoです。妻の曲想に関するリクエストにも応えていただいて、イメージどおりの曲になりました。その後、作品展vol.3でも演奏されていました。この曲はプロアマ問わず多くの人に弾いてもらいたいので、いつか出版していただきたいと思っています。

佐藤さんの作品の特長は、どれも美しく親しみやすいメロディながら、和声がおしゃれなところかなと思います。そこが好きでオフ会でよく使わせていただきました。
このSolitudeは現代ギターに1年間連載された二重奏シリーズの1曲で、特に気に入っています。作品展vol.3でも取り上げていらっしゃいました。

青空の向こうにの出版で、現代ギターに連載されたギター独奏曲はほぼ出版されたということですが、二重奏の連載などまだ出版されていない曲も入手できるようになることを期待しています。
また、タイトル曲は作品展、葬儀での小関さんの演奏が感動的でしたが、私個人としても思い入れがあります。
この曲は現代ギターで行っていたYouTubeを使ったムービーコンテストの最後の課題曲で、佐藤さんの新曲が課題曲になるということで、気合を入れて応募しました。
今回の出版を機に多くの人に弾かれる曲になるでしょう。

ギタードリームに掲載された「花の宴」は、日本的メロディを取り入れた美しい曲だと思い演奏しました。
廃刊になったギタードリームには毎号佐藤さんの曲が載っていて、編集方針からか弾きごたえのある曲が多かったように思いますが、現在は入手が困難になってきました。このようないい曲がたくさんあるので、これらも埋もれさせないために今後何らかの形で出版されることを願っています。

ベイビーズ・ソングもすっかり定番のシリーズになりました。オフで特集したときに、そのはしりとされる「やさしさ」を弾きました。こちらも風の間奏曲~48のやさしい小品集~に収録されたので、多くの人に弾かれるようになることが期待できますね。
しかし、こういう曲が新しく作られなくなると思うと残念です。

この夏には入院中にも関わらず精力的に作曲されていて、毎朝Facebookの投稿で増えていく新曲を多くの人が演奏しました。音を聞きたいという佐藤さんの要望に応え録音を投稿する人も現れ、私も参加させてもらいました。佐藤さんからのコメントもいただき、貴重な暖かい時間を共有させていただいたように思います。

その他にもいくつか弾いたので、プレイリストにしてあります。

編曲でも素晴らしい仕事をされていました。村治佳織さんのために編曲されたティアーズ・イン・ヘブン、戦場のメリークリスマス、カルメンなど多くの作品は、和声、構成ともに凝ったコンサートプログラムに相応しい本格的なレパートリーになりました。


個人的にビートルズものも提供していただきました。

これも佐藤さんからいただいた縁なのか、最近になって三重奏以上の演奏に参加させていただく機会ができ、佐藤さんの曲を積極的に取り組みはじめました。本当は四重奏を完成させて聴いていただきたかったのですが、代わりにちょっと前に演奏した(やや苦しい内容の)風にのって遠くの森へ行こうを張っておきます。

こうして、私が関わったものだけ見ても、ギター界が失ったものがいかに大きいかわかりますが、残された沢山の作品を大切に弾いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

第4回 クラシックギター演奏愛好会プチ発表会

前回に引き続きFacebookのグループ「クラシックギター演奏愛好会」のオフ会に参加しました。

今回は、新ネタとして、映画を見た学生の頃(いつだよ)から課題だった「風の谷のナウシカのサウンドトラックを組曲風に演奏する」に挑戦しました。当時は編曲譜もなかったので、レコードから耳コピして素人編曲で弾いていましたが、最近はいい編曲が出ていますので、それらを利用しました。
最初に弾いたナウシカ・レクイエムは小関佳宏さんの編曲を、その後の鳥の人と風の伝説(メインテーマ)は南澤大介さんの編曲をちょっといじって使っています。まず、6弦Dの風の伝説に合わせて他の曲もDで弾けるようにして、鳥の人からアタッカで入れるようにしました。また、風の伝説の終わり方を映画のエンディング風に変えました。これらを続けて弾くと、映画の主要なテーマを辿りながら、(以下映画ネタバレ)ナウシカが死んじゃってから復活して、みんな帰っていって、エンドロールがあって、腐海の底に落としてきたゴーグルと帽子がアップになるところまでが再現できます。(映画では風の伝説は短縮されますが)当日の演奏はちょっと痛いミスが散見されるので、このブログだけの限定公開で張っておきます。そのうち宅録でリベンジしたい。

次はディアンス追悼として、ヌアージュ。すぐに弾ける曲がこれしかなかったというのもありますが、ディアンス自身がいつもコンサートで弾いていて、動画が多く見られることから、おそらく本人も気に入っていたのではないかと思い弾くことにしました。ただし、当日練習しないでいきなり弾いたので、演奏に興味のある方は以前撮ったまずまずの動画の方をご覧ください。

最後に、無謀にもロドリーゴの祈りと踊りを弾きました。私にしては珍しく、断続的ながら長く弾いている曲で、一番作曲者の書いたものに近いと推測しているロメロ編をベースにしています。弾けるうちに自分なりの決定版を記録しておきたいと思って、再度練習を開始しました。今回の出来はいまひとつですが、記録としてこちらもブログ限定で貼り付けておこうと思います。

打ち上げでは、ギター談義に花が咲き、料理もおいしく充実した午後となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.05

Tribute to Roland Dyens

現代におけるもっとも偉大なギタリスト・作曲家の1人、ローラン・ディアンスが亡くなりました。

1度だけでしたが、最初の来日コンサートで直接演奏を聴くことができ、即興から始まるプログラムに、その音楽性の高さを感じましたし、有名曲が次々弾かれる夢のような時間だったのを覚えています。

あまり多くはないですが、私もディアンスの作曲・編曲を弾かせていただいてました。
アルバムNuagesはクラシックギターのCDの中でも最高のものの1つだと思いますが、このCDの編曲もののほとんどが入っている出会いの編曲集はお気に入りの曲集でした。フランスで出版されたという情報を得て、当時著作権の関係からか日本での発売が遅れている間に友人を通じて入手し、がんばって練習したことを思い出します。
この曲集から、ヌアージュとラウンド・ミッドナイトを張っておきます。この曲は機会を見つけてまた弾きたいですね。

作曲はワルツ・アン・スカイがあったので張っておきます。これもアルバムNuagesに入っているフランス風のワルツですが、当時ちょっと諧謔的表現もありもっと弾かれるといいなと思って弾きました。

ジャズ集のNight & Dayも好きなCD・曲集です。
ここからはチュニジアの夜とミスティを弾いたことがあります。チュニジアの夜は叩きと最後のチューニングをいじるギミックがやりたいばかりに、手に余る曲を無理して練習した記憶があります。ミスティも難易度があまりに高く、1回無理やり弾いてお蔵入りしたあまり出来が良くない演奏ですが、これももっと弾かれるといいなという願いを込めて張っておきます。
この曲集からもまた弾きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.28

ギターパティオ2016夏オフ

NIftyServe時代がら続く恒例のギターパティオ夏オフに参加しました。

今回は、合わせ物から。
前回から開始した比較的ご近所のメンバーと一緒に始めた三重奏「多摩川カルテット(マイナス1)」(今回ステージ上で命名)で、佐藤弘和さんの「風にのって遠くの森に行こう」に挑戦しました。しかし、これは無謀だった(^_^;)。1回程度の練習でできる曲ではありませんね。でも凄くいい曲なので、皆さんにご紹介すべく記念録画をブログ限定で貼り付けておきます。

今回のプロジェクトは南米物。
人気のある曲が多いジャンルで、これには最近になく多くのエントリーがありにぎわいました。私はリオオリンピック開催記念として、先日から演奏しているセルジオ・メンデスとブラジル’66で有名なマシュ・ケ・ナダと助川太郎さんのCDに影響を受けて、バーデン・パウエルのシャンゴの歌を弾きました。ところが、なんと録画ボタンを押し忘れていたので、自宅で録画した映像を張っておきます。

通常エントリーとしては、皆さんの気合の入った大曲との勝負を避けるべく、ポピュラーを弾きました(^_^;)。
まず、最近、家から虹が見えたので(ベタベタな理由)オーバー・ザ・レインボウ。武満徹編は難しいし上手く弾く人が多いので、江部賢一さんの編曲を使って、追悼の意味も入ってます。前後に家から見えた虹の写真も入れて編集してみました。

続けて最後に久々のロックの名曲プロジェクトとして、こちらも江部編でクラプトンのいとしのレイラを弾きました。ちょっとあやしいところもありますが、「無駄に難しい曲」ということで許してください。

今回はエントリーが多いだけでなく、それぞれの演奏レベルが高く聴き応えがあり、打ち上げも含めて楽しいオフでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.01

第3回 クラシックギター演奏愛好会プチ発表会

Facebookのグループ「クラシックギター演奏愛好会」のオフ会に参加しました。

私の直前の方がホセのソナタを鮮やかに弾ききるという逆境の中、空気を変えるべく演奏したのは、「ウルトラセブンの歌」(爆)。思いっきりつっかえたので、こちらでは以前宅録した動画を貼り付けておきます。

実はこの曲には歴史があります。まず、学生時代に師匠から「歌」の部分を一子相伝で受け継いで弾いていましたが、2000年に現代ギターから出版された編曲に触発されて第1間奏を追加し、歌の部分も若干のモデファイした版で長く弾いていました。近年、YouTubeでオーケストラによるライブ演奏を発見し、この構成を再現すべく、冒頭のプレイントロ部分と第2間奏を自編で追加し完全版となりました。
ここまで約30年に渡っており、バリオスの大聖堂に勝るとも劣らない(おいおい)歴史を有しているわけです。

次は、佐藤弘和さんがFacebookで直筆譜を連続して公開している小品を夏休みの課題にしていまして、ここから「プレリュード涙」を弾きました。

短くて易しい曲でも人前で弾くと思うようにならないこともあり、修行が足りないなあと思うことしきりです。

そして、Sergio Mendes & Brasil '66の50周年とリオオリンピック開催を記念して最近練習している「マシュケナダ」です。

昨年亡くなった江部賢一さんの編曲を少しでも弾こうと考えて、そこそこ弾き込んでいたこともあり無難な出来でしょうか。編曲は少し手を入れて、コーラスの音を加えたり、2コーラス目をショーロ風にしたりしています。

ここで少し欲が出て、練習中のちょっと難しい曲を入れました。佐藤弘和さん編曲のバルトークのルーマニア民俗舞曲から棒踊りです。

この曲は好きなので、ソロ編曲が出たときから狙っていたものの難易度が高く暖め続けていましたが、いつまでも暖めているわけにもいかないので、1曲目ぐらいはいけるかなと。しかし、まだ弾き込みが足りなかったようです。

ここで心残りができてしまったので、よせばいいのにもう1曲、バルエコ編のバッハのチェロ1からメヌエット1,2をやりました。これは、そこそこまじめにやった全曲録音がありますので、その動画リストをもって代えさせていただきます(^_^;)。

途中からの参加でしたが、皆さんがまじめにギターに取り組んでいるのが、よく伝わってきました。休み時間には、皆さんのギター(興味深い楽器がいくつもありました)を弾かせていただいたり、みんなで持ち寄ったおやつをおいしくいただく余裕もありました。
この会は幹事さんの人柄のおかげで、和気藹々と進むよい集まりになっていると思います。打ち上げも盛り上がり充実した時間を過ごさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.29

弦楽アンサンブルとの活動

さて、最近演奏の方は活動が鈍っていますが、絃楽アンサンブルとの合わせは細々と続けていました。
これまで、それぞれ1楽章ずつですが定番のボッケリーニテデスコカルリの協奏曲、新しい所でバルエコが編曲したピアソラプホールのブエノスアイレス組曲、ついにはブランデンブルク3番まで参加しました。もともとレパートリーが少ないジャンルで、これという曲がなくなっていた所でしたが、石月一匡編のハイドンのリラ協奏曲を元にしたギター協奏曲がギタードリームから出版されていたことに気づき、これをやってみることになりました。弦楽の皆さんは譜めくりが大変なようで、まだまだ練習中ですが、3楽章の映像が撮れたので、ブログ限定で公開しちゃいます。

1年以内には人前で弾けるかなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.04.15

ギターパティオ2016春オフ

20年以上続く恒例のギターパティオオフに参加しました。

今回の個人的目標の1つめは、前回、おまけでサラバンドまで弾いたので、バッハチェロ組曲1番の残りの2つを弾いて、1年以上に及んだ一人プロジェクトの完成です。

ご覧の通りライブだと弾ききるのが精一杯になので、宅録中心に構成した組曲のプレイリストをお聴き頂けると嬉しいです。

もうひとつは、古くから参加されてるメンバーからアンサンブルのお声かけを頂いたので、いっちょ以前のオフでよく行われていたアンサンブル(一発合わせ風味)を復活させるかという目標です。まずは3重奏に編曲された、ビバルディのバイオリンとリュートと通奏低音のためのトリオソナタRV85に参加しました。

さらに2重奏で、ちょうどわたしも譜面を持っていたので、フォーレのパバーヌのポップアレンジを演奏しました。
まずは、これまた最近弾いていたソロアレンジを弾き、

これに続いて、2重奏を弾くという試みです。

これまたソロはいまいちだったので、宅録を聞いていただくとして、アンサンブルは、譜読みが遅いのをカバーするためにそれなりに練習したこともあり、ソロよりはずっと緊張しないで弾けました。手前味噌ですが、一発合わせの割にはまずまずの出来だったんじゃないでしょうか。

今回のオフ会は新しい強力なメンバーも加わって、それぞれ良い演奏を聴くことができましたし、打ち上げの出席率も高く、こちらもいつにも増して盛り上がりました。
昔に比べると演奏する場も多くなってきましたが、いい雰囲気の会なのでこれからも長く続けていけたらいいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.07

アンダンテ土曜ゼミ2016.2

ギターショップ アンダンテの土曜ゼミにまた参加してきました。
今回は、YouTubeを通じて知り合った後、ギターパティオのオフなどでご一緒させていただいていた久保田さんをお迎えして、2~3重奏をやるという趣向です。
最初は私と久保田さんの二重奏でソルの幻想曲を弾きました。

ちょっと楽譜と違うことを弾いているのは、本番でのご愛嬌ということで。でも気持ちよく弾くことができました。

続いて、武満徹の不良少年をオリジナルの三重奏で弾きました。

これは練習会を3回やった成果もあり、いつもの一発あわせよりは出来がよかったように思っています。

最後は妻と久保田さんで、ハンドのPrayerです。ただし、本番で事故があったため、練習でのベストテイクを貼り付けておきます。

これはアンダンテの川平さんも「いい曲ですね」といってくれたように、ホントに名曲だと思います。

ということで、アンサンブル大会とさせていただいた今回の参加は、全体に楽しんで弾くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.25

熊谷俊之マスタークラス

最近、ウィーンのアルバロ・ピエッリの元での留学を終了した帰国した熊谷さんアルトフィールド音楽院で行われたマスタークラスに参加しました。

レッスンの内容は非常に実践的で、我流でやっていると要求レベルが低くなっていて、アーティキュレーションが適当になっていることに気づかされました。
技術的にも、特に左手が成功率が低い運動になっていることを指摘され、もう少し精度が高まるよう意識しなくてはいけないと反省しました。

しかし、ちゃんとしたレッスンを受けるのは、2006年のサマースクール以来ほぼ10年ぶり(^_^;)ではないだろうか。この動機の背景には、レッスンの後にみんなで食べた自分的No.1ラーメン店のMENSHO TOKYO(今回はつけ麺初体験)がないわけではないのですが(お店で熊谷さんに「テンション上がってる」って言われた(^_^;)、とにかく一箇所で2度おいしいアルトフィールドのおかげで、有意義な時間を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.26

追悼 江部 賢一さん

江部 賢一さんの訃報に接しました。

江部さんの編曲に初めて接したのは、大学生のころ「華麗なるギターソロアルバム」で、これは今でも輝きを失わない名アレンジ集であり、初めて演奏会での演奏に耐えうる編曲として出版された曲集であったと思います。そのころ当時としては珍しかった打ち込みに伴奏させたコンサートにも行きました。
江部さんの編曲なら間違いないので購入した曲集は多く、ロックナンバーを編曲したレアな楽譜も手元にあり、時々演奏していました。


クラシックの曲をポップにアレンジした編曲も面白いものがたくさんありました。そのうちの1つです。

ビートルズアレンジも良かった。どのアレンジも原曲の雰囲気をうまく再現していました。

ジブリ物は得意とされていましたね。これは比較的新しい編曲。

これから少し意識して、江部さんの編曲を弾き続けていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧