2014.01.05

Give Me The Night

正月なので和み系のネタをひとつ。

YouTubeで懐かしい曲を聴いていてGive Me The Nightをに差し掛かったところで、娘がこの絵を描くと言い出しました。
で、出来上がった絵がこれです。
Media20140105
なんと、画像からタイトルの文字もアルファベットを見よう見まねで書いています。色もつけてくれました。

ちなみに、実際の画像ははこちらです。ぜんぜん似てねー。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.07

多摩動物公園で「多摩の恵」

すべての動物を「わんわん」と呼んでしまう1歳の娘に、世の中にはいろいろな動物がいることを知ってもらうために、というわけでもないですが、先週末に家族で多摩動物公園に行きました。

アフリカ園のレストランで妻が粋なビールを発見して、昼食時に買ってくれました。ありがとう>妻
しかも地ビール「多摩の恵」です。瓶内発酵させているペールエールのコクのある味わいで、一番好きなビールの1つなのでした。多摩のどこにでも売っている訳ではないのですが、さすが多摩等物公園です。

こちらは息子と一緒に乗ったライオンバスからみたライオン。
迫力のシーンを期待していたのだが、おなかがいっぱいなのかおとなしかった。

結局、カンガルーを見ても「わんわん」と言っていた娘。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.28

雨模様の花火大会

Ts370238どうも、うちの近所の花火は寒かったり、雨だったりすることが多いような気がします。
それでも、家からほとんど濡れることなく見る事ができるのだから、文句を言ってはいけません。
上の子供は3歳まで音に驚いて泣きっぱなしだったのを思い出し、産まれたばかりの下の子供のために耳栓を用意して臨みました。友人家族の子供も含めてそれなりに役に立ったようです。
私自身は、寒かろうと雨が降ろうと家の駐車場に置いた椅子から見る事に決めています。ここからだと、近い方の会場から打ち上げられる花火が、真上から降ってくるような感覚を楽しむことができるのです。
財政難がうわさされていますが、ずっと続くといいなあ。

今年はデジカメでビデオを撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.22

第二子誕生

Rimg01855月15日11時1分に第二子が誕生しました。3210gの女の子です。
指・爪の形が私にそっくりなのが、なぜか嬉しい。

入院から2時間程度で生まれましたから、17時間かかった3604gの長男の時に比べれば、安産だったということでしょう。これは、前回より大きくならないよう、食べるもの量に気をつけ、適度に運動をしていた妻の努力の結果です。
また、助産院のお世話になりましたが、知る人ぞ知る「ゴッドハンド」の助産士さんに取り上げていただいたのも良かったようです。立会いだったのですが、男から見ても素晴らしいリードで出産に導いていただいたように見えました。
Rimg0230出産後も母子同室で、私と長男も出産日から同室に泊まることができました。
食事も自然食で体によさそうでした。

助産院の素晴らしさを感じた数日間でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.09.30

季節外れの花火大会

昨日、近所で花火大会がありました。Ts370127

時期もさることながら、雨が降ったりやんだりする天候の中ながら、無事開催されました。
近隣に住宅が増えた関係(ほんとは予算じゃないのか?)で尺玉はなしだと聞いていたので、例年に比べると規模が小さく感じられるかとも思いましたが、これが幸いしたのか、花火は雨雲に隠れることも無く、見え方も良かったように思います。野外バーベキューができなかったのは残念でしたが。

これまで皆勤していたのに、今回、仕事で来られなかった友人のために少し多めに写真を掲載しておきます。
Ts370114Ts370117Ts370121Ts370125Ts370128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

目撃情報!

本日、帰宅したらビールがありませんでした。
コンビニに買いに行かされるく途中で、道を横切る動物が!
猫かな?いや、尻尾の影がどうもふさふさしていたように思い追いかけると、とある家の庭先に立ち止まってこちらを見上げたのは!

タヌキ

でした(爆)。しばらく睨みあってしまいました。
タヌキであることは家に帰ってからネットで写真を探してみて確信したのですが、どうやら都内にもタヌキは生息しているようで、23区内にすらいるそうな。調布のはずれの多摩川沿いにいても不思議は無いわけです。

参考情報
http://ikimonotuusin.com/doc/tokyotanuki.htm

ここに住み始めたとき、一度、尻尾のふさふさした影が横切るのを妻と一緒に見たことがあり、「今の見た?」って顔を見合わせたことがありました。そのときは半信半疑でしたが、やはり本物のタヌキがいたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)