2017.08.16

佐藤弘和作品を楽しむ会vol.3

Img_20170816_0001立川市柴崎学習館ホールで行われた佐藤弘和作品を楽しむ会にうかがいました。

独奏から合奏まで、マンドリンやフルートまで参加する豊富なバリエーションの演奏を堪能しました。
以前所属していた多摩川(ギター)カルテットも出演し、「二十歳の頃」を客席で聞くことができました。最初つかみどころがないと思っていたこの曲が、今はどこか青春映画のようなドラマチックさを感じるいい曲に思えていて、客席でもその良さを感じることができました。
ギターデュオのHOPEという曲は多分初めてで、おそらく震災後に書かれた曲だと思いますが、佐藤さんらしい前向きな曲想が良いと思いました。
フルートとギターのデュオ曲のフェアリーテイルは作品展vol.4で弾かれたことを思い出しました。これも広く弾かれて欲しいので出版が待たれます。
秋のソナチネも久しぶりに生で聴けて良かった。立派な演奏でした。佐藤さんの結婚式にも流れていたというエピソードで、この曲に取り組みたいという気持ちが高まり、演奏内容も参考になりました。
マンドリンとギターの曲集はいろんな楽器と使えそうです。楽譜ありがとうございました。
齊藤泰士さんが弾いた 「航海者たち」は切れの鋭い演奏。本日の白眉だったのではないでしょうか。
立山讃歌は作品展vol.3でも弾かれたことを思い出しました。記憶あいまいですが(すみません)、開演前に永島さんがおっしゃっていたように、弾く機会を作ることの重要さを感じながら聴きました。
全体合奏の定番、光の街はプロの顔も多くみられる圧巻の演奏。いまだに手拍子のリズムすら覚えていない私は実はモグリかもしれませんが、3連のモチーフが生まれたエピソードとともに楽しく聴かせていただきました。

演奏に際して披露されたエピソードは初めて聞く話もあり、それぞれの曲への佐藤さんの想いを感じ、大切に弾いていかなくてはいけないと感じました。主宰されるブルーベルギター合奏団の方はいろいろご苦労もあると思いますが、これだけ多くの来場者がこれからもいろいろな形で支えてくれると思うので、長く続いて欲しい演奏会だと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.29

岡野雅一ギターリサイタル~佐藤弘和作品を弾く

Okano_satou_program近江楽堂で行われた岡野雅一さんのリサイタルを聴きました。
作品展のvol.2vol.5を聴いた想い出のホールですから、始まる前から感慨深い気持ちになります。

プログラムが非常によく練られていて、第一部では「祈りⅠ」「童心」「夕景」「季節」、第二部では「祈りⅡ」「回顧」「優しさ」「未来へ」と題されたグループごとに小品が組曲のようにまとめられ、適切な関連性を持って一連の曲を聴くことで佐藤さんの心象風景が浮かびあがってくるようでした。オリジナルの抒情的な美しさもさることながら編曲作品も、佐藤さんらしい凝った和声とバスや内声の動きでギターのオリジナルのように響いており、プログラムに適切な変化を与えていました。

そして、岡野さんの柔らかい音が佐藤さんの曲に良く合っていて、上質な音楽となって伝わって来ました。小品ながら30曲(+アンコール2曲)という、重量級となったプログラムを聴かせきった岡野さんの想いとそれを実現たらしめる技量も素晴らしい。

あらゆる要素の質が高く、佐藤さんが私達に遺してくれたものの大きさを攻めて感じることができた「作品展vol.7」とでも言うべき演奏会だったのではないかと思います。
この演奏会に行くことができて本当に良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.19

佐藤弘和『音楽のエッセイ』、CD『鳥が飛ぶ』同時発売記念コンサート

昨年、惜しくも亡くなった佐藤弘和さんの遺作とも言うべき曲集「音楽のエッセイ~ギターソロのための24の小品集~」とそれを収めたCD「鳥が飛ぶ ー佐藤弘和作品集ー」の原善伸さんによる発売記念の全曲演奏コンサートにうかがいました。

心に染みるコンサートでした。
最初は、独奏の24の小品から。少しだけですが参加させてもらい作曲時の経緯を知っていると、その日々の佐藤さんの気持ちを反映した純粋な美しさがあるのが感じられます。また、原さんのすっきりとした音とともに、思い出のアルバムをめくるような気持ちになり、特に最後のコラールは胸に迫るものがありました。CDを聴きながら書き忘れてたことを思い出して追記します。この曲集の中でも、特に退院されてからの7曲に、何か強い思いがあると思います。この曲集はとても大切なものであることを感じました。
後半は重奏で、まずは鈴木大介さんとの2重奏。これらは24のソロと同曲ながら和声が充実していて別の曲のように聞こえます。そして3重奏の夏野原。大萩康司さんが加わってこれ以上は考えられない豪華な組み合わせで、爽やかなこの曲を楽しませていただきました。
アンコールでは、原さんのソロに続いて、3重奏で光の街というサプライズ!鈴木さんのウイットに富んだMCもあり、この豪華なメンバーで定番曲を聴けたのは貴重でした。

終演後は、購入したCDにサインしていただき、3人の名前が入ったプレミアム物のおみやげを持って家路につきました。
<追記>
CDを聴いていますが、これは素晴らしい。録音が良く音が美しい。表現を細かいところまで磨み佐藤さんの意図がよく反映されていて、聴いていて心地よいだけでなく演奏するときの参考としてもありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.28

追悼 佐藤弘和さん

大好きな作曲家ギタリストだった佐藤弘和さんが亡くなり、お葬式にうかがってお見送りしました。

あまりにも暖かった命日に続き、前日の涙雨から青空なんて偉大な音楽家を送り出すのに相応し過ぎて悲しみが募ります。
とにかく優しい人で、お葬式でも生前の人柄が偲ばれました。ギター界でここまで優しさと才能を持ち合わせた人はいなかったでしょう。式の間に流れていた曲、弾かれた曲にあふれる優しさが参列者にも伝わっていることが感じられ、佐藤さんの曲は必ず弾き継がれていくことを確信しましたが、より多くの方に佐藤さんの曲を弾いてもらいたいとも思うので、演奏の思い出とともに追悼してみることにします。

佐藤さんの曲との出会いは、1990年代の初めに現代ギター誌に時々掲載された1ページの楽譜です。特段のプロフィールの記述もなく唐突に載っていて、新進のアコギの人かななどと思いながら弾いてみたら美しく弾きやすいので、以後出るたびに弾いていました。この頃の作品は、佐藤弘和ギター作品集「秋のソナチネ」に入っています。
この曲集は「素朴な歌」も収録されており、タイトル曲も含めて名曲ぞろいですね。

その後、オリジナル曲を参加条件とするオムニバスアルバムにお声をかけていただいたため、当時現代ギターの編集長だった故・菅原潤さんを通じて二重奏の作曲をお願いしました。それがこのSuite for Twoです。妻の曲想に関するリクエストにも応えていただいて、イメージどおりの曲になりました。その後、作品展vol.3でも演奏されていました。この曲はプロアマ問わず多くの人に弾いてもらいたいので、いつか出版していただきたいと思っています。

佐藤さんの作品の特長は、どれも美しく親しみやすいメロディながら、和声がおしゃれなところかなと思います。そこが好きでオフ会でよく使わせていただきました。
このSolitudeは現代ギターに1年間連載された二重奏シリーズの1曲で、特に気に入っています。作品展vol.3でも取り上げていらっしゃいました。

青空の向こうにの出版で、現代ギターに連載されたギター独奏曲はほぼ出版されたということですが、二重奏の連載などまだ出版されていない曲も入手できるようになることを期待しています。
また、タイトル曲は作品展、葬儀での小関さんの演奏が感動的でしたが、私個人としても思い入れがあります。
この曲は現代ギターで行っていたYouTubeを使ったムービーコンテストの最後の課題曲で、佐藤さんの新曲が課題曲になるということで、気合を入れて応募しました。
今回の出版を機に多くの人に弾かれる曲になるでしょう。

ギタードリームに掲載された「花の宴」は、日本的メロディを取り入れた美しい曲だと思い演奏しました。
廃刊になったギタードリームには毎号佐藤さんの曲が載っていて、編集方針からか弾きごたえのある曲が多かったように思いますが、現在は入手が困難になってきました。このようないい曲がたくさんあるので、これらも埋もれさせないために今後何らかの形で出版されることを願っています。

ベイビーズ・ソングもすっかり定番のシリーズになりました。オフで特集したときに、そのはしりとされる「やさしさ」を弾きました。こちらも風の間奏曲~48のやさしい小品集~に収録されたので、多くの人に弾かれるようになることが期待できますね。
しかし、こういう曲が新しく作られなくなると思うと残念です。

この夏には入院中にも関わらず精力的に作曲されていて、毎朝Facebookの投稿で増えていく新曲を多くの人が演奏しました。音を聞きたいという佐藤さんの要望に応え録音を投稿する人も現れ、私も参加させてもらいました。佐藤さんからのコメントもいただき、貴重な暖かい時間を共有させていただいたように思います。

その他にもいくつか弾いたので、プレイリストにしてあります。

編曲でも素晴らしい仕事をされていました。村治佳織さんのために編曲されたティアーズ・イン・ヘブン、戦場のメリークリスマス、カルメンなど多くの作品は、和声、構成ともに凝ったコンサートプログラムに相応しい本格的なレパートリーになりました。


個人的にビートルズものも提供していただきました。

これも佐藤さんからいただいた縁なのか、最近になって三重奏以上の演奏に参加させていただく機会ができ、佐藤さんの曲を積極的に取り組みはじめました。本当は四重奏を完成させて聴いていただきたかったのですが、代わりにちょっと前に演奏した(やや苦しい内容の)風にのって遠くの森へ行こうを張っておきます。

こうして、私が関わったものだけ見ても、ギター界が失ったものがいかに大きいかわかりますが、残された沢山の作品を大切に弾いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.17

佐藤弘和ギター作品展 vol.6

佐藤弘和ギター作品展はvol.2vol.3vol.4vol.5と2回目以降ずっと拝聴してきました。今回は、療養中の佐藤さんにお目にかかるチャンスなので、まずは参加と思い参上しましたが、今年一番の素晴らしいコンサートでした。

独奏からから合奏までいろいろな編成を聴きましたが、共通するのはメロディが美しく、和声がしゃれていながら適度に意外性があることなのかなと思います。当日の会場では、その特徴が多くの人の心に響いていることが感じられました。
そして、編成が大きくなってもギターの特性が生きているので、素晴らしい演奏者の手にかかることで、メロディや和声の特徴はそのままで、リズムやデュナーミクなど音楽のダイナミズムが大きくなっていく感覚を楽しむことができました。その中でも原さんの演奏に風格とやさしい人柄がを感じられ、コンサートの始まりに厳粛な雰囲気を作っていました。また、アルポリールギタートリオの鳥の歌は、リズム、ダイナミクスともに以前よりパワーアップした名演でした。クアトロパロスも初めて聴きましたが、噂どおりの実力派アンサンブルでした。

最後の佐藤さんのお話は、ライブ演奏を聴くことで音楽を共有する喜びを感じ、ギター界で活動する人、メディアを応援することで活性化させて欲しいという願いがあふれていました。少なくともこのコンサートは、いろいろな層のギターファンを呼ぶことに成功していたし、そこで演奏されたレベルの高い音楽に多くの人が共感していたという点で、すでに高い次元で理想的な状態が創造されていたように思います。
私も自分の楽しみだけでなく、こういう場での出会いを大切にして、少しは役に立つことを意識しなくてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.13

佐藤弘和アンサンブルシリーズ in こもれび vol.15

待望の佐藤さんのコンサートということで、これは聴かなくてはと思い小平の永田珈琲店に伺いました。
今回は、「2つのギターの夕べのひととき」ということで、前田司さんをゲストに迎えたデュオコンサートでした。

カルリのセレナーデは、学生のころクラブの上手い先輩が弾いていた懐かしい曲。コンサートのオープニングにふさわしい華やかさです。
つづいて、それぞれのソロで、まず前田さんによる佐藤さんの曲で「サンクス・ギビング」「せせらぎ」「青空の向こうに」でした。どれも美しい曲でしたが、特に「青空の向こうに」は現代ギターでやっていたムービー・コンテストで弾いた思い出がある特に好きな曲で、懐かしく聴かせていただきました。
次は佐藤さんのソロで、「愛の挨拶」、バリオスと佐藤さんの「クリスマスの歌」2連発。現代ギターの12月号に載っていた愛の挨拶はオリジナルのように聞こえることを目指した編曲とのことで、なるほどギターが無理なく響いていました。クリスマスの歌はなぜあんなにクリスマスなんだろうというぐらいクリスマス風味あふれる美しい曲。楽譜があったので、妻が家でさっそく弾いています。
前半最後はソルのロシアの思い出。原典どおり全ての変奏を弾いているだけでなく、後期のロマンチシズム溢れる作風がよく表現され、佐藤さんたちの演奏スタイルに合った好演でした。

後半は、今回の目玉である佐藤さんが中学生から高校生のころに作曲したピアノ曲をギターデュオに編曲した作品集でした。どれも愛らしい小品で、なるほど表題のようなイメージが感じられます。まさに佐藤弘和節炸裂で、すでに作風が確立していました。今回初めてギターコンサートに一緒に行った娘は「回転木馬の悲しみ」が気に入ったようでした。
最後にもう1曲佐藤さんのディアフレンズ。以前聴いたコンサートで弾かれたことを懐かしく思い出しました。YouTubeに当日の映像が上がっていましたので、追記しておきます。

アンコールは季節柄のクリスマスキャロルでしたが、さすが佐藤さん一味違う自編の「きよしこの夜」でした。響きがかっこいい!ので早速購入しました。こちらもYouTubeの映像を追記しました。

佐藤さんの音は相変わらずふくよかな美しさで、相変わらずMCも楽しく2年半ぶりというブランクを感じさせない素晴らしいコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.31

佐藤弘和の音楽と自然のことば

GGサロンで「ギター名曲講座」として行われたアルポリール・ギタートリオのコンサートを聴きました。

曲の解説は現代ギターのブログに譲るとして、季節をめぐる12の歌を分けて重量感のある曲の周囲に配置し、実際に季節をめぐるような粋なプログラム構成でした。特に4月の曲である「チェリー・ブロッサムズ」のモチーフが再現される3月の「春の訪れ」が聞こえてくると、なんだか暖かい気持ちになります。「季節をめぐる12の歌」全曲を聴く貴重な機会となりました。
プログラムの中でも、圧巻だったのは「鳥の詩」で、メロディの美しさだけでなく3台のギターが鳴りきった音響空間が3台以上の効果を生んでいました。さしずめ3本の矢といったところでしょうか。以前同じ場所で聴いてある程度知っていたこともあり、今回は曲の構成感まで楽しめたように思います。

以前行われた佐藤さんの作品展の続きを聴いているようで、ファンとしても嬉しいコンサートでした。

<追記>
現代ギターのYouTubeチャンネルで鳥の詩と季節をめぐる12の歌、風のはこんだ4つの歌が公開されましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.11

佐藤弘和soloコンサートシリーズinこもれびvol.2

小平にある「こもれび」という喫茶店で、佐藤弘和さんが自作品を弾くコンサートを聴きました。
作曲時代順に演奏され、歴史を振り返る形になっていて、私も当時を思い出しながら懐かしく聴くことができました。
初期の作品群は、現代ギターに楽譜1ページだけ載っていてプロフィールらしきものは無かったと記憶しています。しかし、楽譜に弱い私にとってはこの1ページだけというのがとっつきやすく、弾いてみると技術的に無理のない美しい作品で、現代ギターを買う楽しみの1つとなりました。その中でも「小シシリエンヌ」は好きな曲で、今回イントロ付きで弾かれて魅力が増したように思います。こんどどこかに楽譜を載せてください。>佐藤さん
続いて演奏されたのは、「季節をめぐる12の歌」から数曲。締めくくりの「春の訪れ」にそれまでの曲のモチーフを入れてるというセンスがしゃれています。

後半は30代以降に作られた曲で、追悼の曲「遠き」シリーズ、和風シリーズ?、演奏会用エチュードを経て、「青空の向こうに」と「緑の季節」でした。こうやって通して聴いてみると、佐藤さんがおっしゃっていたとおり、曲に深みが出てきているように感じました。「花の宴」や被災地応援曲の「青空の向こうに」は世界に発信する意義があるんじゃないかと思って以前に弾いたことがあったせいか、より深さを感じることができたように思います。

アンコールはちょうどコンサートで東京に来ていた小関佳宏さんとの2重奏。さらに小関さんのオリジナル曲のソロの演奏もあり、充実した内容となりました。おいしいコーヒーと佐藤さんの楽しいトークで、リラックスして楽しめるコンサートシリーズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.23

ギター三人展~オール・オリジナル作品コンサート

8/19にGGサロンで行われた佐藤弘和さん、小関佳宏さん、大野元毅さんによるギター三人展を聴きました。

ジョイントコンサートは、個性のぶつかリ合いを楽しむことが多いのですが、今回は三人の芸風が近く、ー連のコンサートとして自然に聴くことができました。その中でも、大野さんの曲にはより日本的な響きが、小関さんはポップスの色彩が感じられ、佐藤さんはよりクラシ力ルな技巧と響きを持っているといったところでしょうか。
三重奏では佐藤さん作曲の「鳥の詩」が弾かれました。重奏ならではの充実した音楽で、南国風の響きの1楽章から、同名のカタロニア民謡が使われる2楽章、スピード感あふれる3楽章まで多彩な内容が印象に残りました。

過去の音楽の再現がクラシックギターの大きな割合を占めているものの、このような「今」の音楽の表現にも別の楽しみがあり、今回は自作自演で、正に絵画展などに近いイメージで「その人の芸術」を楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.05

佐藤弘和GGサロンコンサート

佐藤弘和さんのオール編曲物のコンサートをGGサロンで聴きました。
右は予告編の映像ですが、ここから予想された以上に楽しい演奏会でした。

コンサートの前半では、モーツァルトとベートーベンではテルツギターが古典の雅な雰囲気を出していたのが印象に残りました。「禁じられた遊び」も、ウケを狙ってちょっと弾いてみたい感じ。
後半はポピュラーもの中心で、その中でも坂本龍一の「エナジー・フロー」はギターのオリジナルに聞こえるように編曲したとおっしゃるとおり、ギターならでは奏法をふんだんに盛り込んだ好編曲で、私も弾いてみたいと思いました。「戦メリ」も良かったんですが、「村治さんが弾くということは、誰にでも弾けるようじゃいけない」編曲だけあって、私には難しすぎるかな。「素直な編曲と評された」日本の歌もなかなか凝った編曲だと思いましたし、実は現在練習中の「ティアーズ・イン・へブン」も参考になりました。

フレンドリーなトークを交じえた演奏で、いつもながらリラックスして聴けます。今回はさらに、「原曲と違うスタイルにはしない」というポリシ一や「原曲を超えることはできないが、いかにギターでそれに迫るかを考えている」などの編曲に対する考え方を聞くことができ、鮮やかな演奏をただ聴く以上の楽しみがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)