« 2019年2月 | トップページ

2019.05.20

ホルヘ・カバジェロ ギターリサイタル

イーストエンド国際ギターフェスティバルで、今年もまた凄いコンサートを聴きました。

2001年の東京国際ギターコンクールでの鮮烈な演奏を記憶していて、いつかリサイタルを聴きたいと思っていたホルヘ・カバジェロです。

前半は、アルベニスの組曲イベリアからの4曲でスタート(エボカシオンアルバイシンマラガはYouTubeにありました)。ギターソロで弾くのは相当難易度が高いと思われるのですが、軽々と弾ききり技量を見せつけます。さらに、和音のバランスが良く音そのものの美しさと多彩な音色、ビブラートを効かせて歌わせることで、ピアノにないギターならではの情感溢れる演奏を聴かせてくれました。
次のバッハの半音階的幻想曲とフーガがまた凄い。美音故にチェンバロでは聞こえる弦を弾く音がないため、音楽がはっきり浮かび上がるように感じられ、和音のバランスの良さによる声部の明瞭さと相まって、この名曲をより魅力的に聴かせてくれたように思います。

後半は展覧会の絵山下和仁の演奏を直接聴き、レコードを繰り返し聴いたリアルタイム山下世代としては、特別の思い入れがある曲で、この曲の生演奏をまたも聴くことができることはそれだけで大きな喜びです。カバジェロは彼なりの緻密な演奏で、ある意味山下よりも美しく響かせながらこの曲を聴かせてくれました。一方で、山下はよりパッション溢れる演奏だったことも思い起こされ、改めてそれぞれの凄さを感じた時間となりました。

振り返ると、演奏曲は全て鍵盤からの編曲なんですが、ギターならではの表現でオリジナル以上の魅力を引き出せることを示すコンサートであったように思います。
終演後は、サインの列に並びかつての東京国際で演奏を聴き、その時の参加者の中でー番良いと思ったので今日来たなどと話し、一緒に写真を撮ってもらいました。今から再来日が期待されます。次はバッハのリュート作品やテデスコ、ロドリーゴ、タンスマンなどの近代物などオーソドックスなギターレパートリーも聴いてみたいですね。

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ