« ハビエル・コントレラス東京公演 | トップページ | ヤマンドゥ・コスタふたたび »

2018.10.01

伊藤雅一ギターリサイタル

数十年ぶりの帰国リサイタルとなる伊藤雅一さんのコンサートを聴きました。
彼は高校のクラブの後輩なのですが、演奏をちゃんと聴くのは第28回の東京国際ギターコンクールで2位になって以来かもしれません。懐かしさとともに、長いアメリカ生活を経てどんなギタリストになっているのか、大きな期待とちょっとした不安が入り混じった気持ちで出かけました。

最初に弾かれたピポーの歌と踊りで、すぐに不安は杞憂であることがわかります。和音による伴奏に乱されることなくメロディがを大切に歌われる演奏に、一流演奏家のみが聴かせてくれる音楽を感じました。踊りも鮮やかな弾きっぷりです。
大序曲は彼が高校の時から得意としていた曲。後で聞いたらやはりクラブの旧友を意識した選曲だったとのこと。粋な計らいです。しかし、当然のことながら当時とは違う巨匠の演奏で、自在に緩急をつけながら素晴らしい音色で聴かせてくれました。
次の2曲はトゥリーナとデ・ラ・マーサ。このあたりは手塚健旨さんやホセ・ルイス・ゴンザレスに師事した経験が効いているいるのでしょうか、スペインの香り豊かな演奏です。
そして、ブローウェルのジャンゴ・ラインハルトの主題による変奏曲。これは相当難易度が高い曲のはずですがやはり鮮やか。前半最後を飾るのにふさわしいスリリングな演奏でした。

後半はギターアンサンブルをバックにビバルディの協奏曲から。ギターにとってはポピュラーな協奏曲ながら、アンサンブルをリードしながら各所にバロックらしいいきなバリエーションが加えられ、新鮮に聴くことができました。
そしてバリオス。大聖堂、最後のトレモロ、ワルツ4番という定番ながら難易度が高い曲の連続でしたが、それぞれテクニックの切れ、ダイナミクス、音の美しさと申し分のない演奏で、楽しく聴くことができました。
アンコールはグラン・ホタ。音楽的な楽しみというより、ギターテクニックの多彩さを伝える曲だと思うので、本プログラムよりはアンコールにこそふさわしく、華麗なるテクニックを持つ彼のコンサートを締めくくるのにぴったりでした。

これほどのテクニックと音楽性を合わせ持つ日本人プレイヤーは、下の世代には鈴木大介さんや大萩泰司さんなど何人もいるように思うのですが、50代では以外と少ないのではと思います。そういう点でも同世代の星として応援して行きたいと思いました。

|

« ハビエル・コントレラス東京公演 | トップページ | ヤマンドゥ・コスタふたたび »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/67227528

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤雅一ギターリサイタル:

« ハビエル・コントレラス東京公演 | トップページ | ヤマンドゥ・コスタふたたび »