« 佐藤弘和作品を楽しむ会vol.3 | トップページ | 2017夏のラーメン達 »

2017.08.29

ガブリエル・ビアンコ ギター・リサイタル

東京公演はここだけ(教えてくれた黒田さんに感謝)ということで、頑張って早めに職場を抜け出し初来日のガブリエル・ビアンコのリサイタルに行ってきました。

まず感じたのは、体の大きさを反映するかのような音楽の大きさ。実際、体の大きさはテクニックに反映しているようで、拡張でも無理のない確実な押弦力があり、発音も丁寧で音自体も太く美しい。そして、この技術を生かしながら、顔に出るほど(といってもパ○ルのような滑稽さはない)気持ちを込めてよく歌います。歌い方もフランス人らしくシャレた感じで良い。
これらの美点は、テデスコの世紀に渡る変奏曲に一番好ましく反映されたように思いました。変奏を含めてここまでよく歌っている演奏は初めてで、リズムも立っていて諧謔的雰囲気もよく出ていました。
重量感のある曲の間に有名な小品をはさむプログラムは、小品がちょうどよい箸休めになって意外と聴きやすい。しかも、小品もそれぞれよく練られて、単なる一般聴衆向けサービスではない気持ちの入った演奏で、十分に堪能できました。
これはアンコールにも現れていて、ちょっと田舎くさい(失礼)トローバもこの人にかかるとこんなに洒落た音楽になるし、アルハンブラもトレモロを見事にカンタービレさせていました。
使用楽器のスモールマンは音圧も凄く、ホール中に響き渡っていましたが、せっかく丁寧にやっている音色変化が実際の音に現れにくいように思いました。ここれほどの発音技術があるなら、いわゆる名器での演奏を聴いてみたいと思いました(誰か貸してあげれば!)。プログラムにもソナタや組曲なんかが1つ入ると、重みが出て完璧だと思います。

20代にしてこれ程の音楽を完成させているこの素晴らしい演奏家の今後の活動を注目していきたいと思いました。

|

« 佐藤弘和作品を楽しむ会vol.3 | トップページ | 2017夏のラーメン達 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/65725328

この記事へのトラックバック一覧です: ガブリエル・ビアンコ ギター・リサイタル:

« 佐藤弘和作品を楽しむ会vol.3 | トップページ | 2017夏のラーメン達 »