« 2017年3月 | トップページ

2017.04.09

無人島に持っていく10のギター曲

先日、マイケル・マンリングのライブCDを特典としていただいたときに、この曲は無人島に行くときに持っていく曲のひとつだなあと思ったのをきっかけに、もって行く10曲を選んでみることを思いつきました。

1.Michael HedgesのAirial Boundaries

この曲はアコースティックギター曲の金字塔ですね。初来日で聴いてからずーと好きでした。フォロワーは多いし、このジャンルは全体も好きなのですが、いまだにこの曲を超える曲に出会ったことがありません。ナイロン弦で弾いてみたこともありますが、やはり本人の演奏がいいですね。



2.Manuel BarruecoによるBach リュート組曲2番

バッハは1曲入れたい。全集なら先日来日したガジェンのCDがいいですが、やはり「バルエコショック」と言われた初来日を知る身としてはバルエコで1曲入れたい。その時の最初に演奏されたこの曲は、数多あるこの曲の録音の中で、音色、装飾、歌い回しのすべてがいまだにベストだと思います。以前自分でも弾きましたが、今は無理だなあ。本人の演奏動画も見当たりませんが、Spotifyで聴けるようですね。


3.山下和仁によるMussorgskyの展覧会の絵

山下とその金字塔ははずせない。曲自体が好きですが、このギター版がピアノや管弦楽による演奏と比べても、1台で色彩感を表現しきっているという点でギター万歳という感じです。キエフの大門までくると感慨深い気持ちになります。


4.DyensによるDjango ReinhardtのNuages

この曲自体が好きなだけでなく、この編曲はコード付け・構成・アドリブ的な展開すべてが秀逸で、最高のジャズ独奏曲になっていると思います。Dyensは昨年惜しくも亡くなりましたが、この曲は折に触れ弾いていきたいと思います。


5.Yamandu CostaのEl Negro del Blanco

こちらも最近見た興奮からかもしれませんが、優しき怪物Ymanduの演奏も1曲入れたい。モンターニャのコロンビア組曲も好きなのですが、先日のコンサートで最後に弾かれた、南米の海と風の香りがするオリジナル曲にしました。唯一、曲より人優先で選んだので、もっといろいろ聴きこむと曲が差し替わることもありそうです。



6.押尾コータローによる坂本龍一のMerry Christmas Mr.Lawrence

戦メリは昔から好きで、自分でも編曲して弾きましたが、効果的な特殊奏法による映画サウンドトラックの再現度合いが素晴らしいの編曲だと思います。無謀にもナイロンでこの編曲も弾いたことがあります。



7.アサド兄弟によるEgberto GismontiのBaião Malandro

アサド兄弟も1曲入れたくなります。特にこのアルバムが好きで収録曲はどれも素晴らしいのですが、音が細かいのにうねるようなリズムで海が目に浮かぶようなこの曲が好きです。動画は若いころで、迫力もある素晴らしい演奏。



8.山下和仁によるTedescoの悪魔のカプリッチョ

ここまで来て、ギター独奏オリジナル曲がないことに気づきました。つくづく天邪鬼な自分を感じます。そこで、1曲をえいやっと選んだこれ。パガニーニ賛歌の哀愁あふれるメロディと構成感、後半に2つの主題が交錯するところが鳥肌だと思います。いろいろな演奏がありますが、やはり血気迫る山下でしょうか。ただし、セゴビア版ではなくオリジナルに近いと思われるジラルディーノ版があるので、これをベースにした演奏(自分なりにやってみました)がもっと出てくるといいなと思います。


9.佐藤弘和さんの秋のソナチネ

ギターオリジナルでは、やはり佐藤さんの曲が必要です。堂々たる3楽章ながら、ロマンチックで各楽章の構築感もあるこの曲は、佐藤ワールドの集大成なのではないでしょうか。動画は海外の学生らしき人ですが、しっかりした演奏で好感が持てます。いつか自分でも弾いてみたいと思います。
SpotifyにはDaniel Quinnさんの演奏がありました。



10.Michael ManringのThe Enormous Room

こちらも昨年ライブに行きました。正確には特殊なベースによる楽曲ですが、この曲ではその機能を存分に生かしながら、ゆったりとしたメロディがかもし出す浮遊感が素晴らしいと思います。


だいぶ偏った選曲になりました。気に入った曲はできる限り弾こうとするという芸風も出ていますね。まあ、私の嗜好はこんなもんですということで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ