« 冬に食べたもの2016-2017 | トップページ | 無人島に持っていく10のギター曲 »

2017.03.19

佐藤弘和『音楽のエッセイ』、CD『鳥が飛ぶ』同時発売記念コンサート

昨年、惜しくも亡くなった佐藤弘和さんの遺作とも言うべき曲集「音楽のエッセイ~ギターソロのための24の小品集~」とそれを収めたCD「鳥が飛ぶ ー佐藤弘和作品集ー」の原善伸さんによる発売記念の全曲演奏コンサートにうかがいました。

心に染みるコンサートでした。
最初は、独奏の24の小品から。少しだけですが参加させてもらい作曲時の経緯を知っていると、その日々の佐藤さんの気持ちを反映した純粋な美しさがあるのが感じられます。また、原さんのすっきりとした音とともに、思い出のアルバムをめくるような気持ちになり、特に最後のコラールは胸に迫るものがありました。CDを聴きながら書き忘れてたことを思い出して追記します。この曲集の中でも、特に退院されてからの7曲に、何か強い思いがあると思います。この曲集はとても大切なものであることを感じました。
後半は重奏で、まずは鈴木大介さんとの2重奏。これらは24のソロと同曲ながら和声が充実していて別の曲のように聞こえます。そして3重奏の夏野原。大萩康司さんが加わってこれ以上は考えられない豪華な組み合わせで、爽やかなこの曲を楽しませていただきました。
アンコールでは、原さんのソロに続いて、3重奏で光の街というサプライズ!鈴木さんのウイットに富んだMCもあり、この豪華なメンバーで定番曲を聴けたのは貴重でした。

終演後は、購入したCDにサインしていただき、3人の名前が入ったプレミアム物のおみやげを持って家路につきました。
<追記>
CDを聴いていますが、これは素晴らしい。録音が良く音が美しい。表現を細かいところまで磨み佐藤さんの意図がよく反映されていて、聴いていて心地よいだけでなく演奏するときの参考としてもありがたいです。

|

« 冬に食べたもの2016-2017 | トップページ | 無人島に持っていく10のギター曲 »

コンサート」カテゴリの記事

佐藤弘和さんの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/65036233

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤弘和『音楽のエッセイ』、CD『鳥が飛ぶ』同時発売記念コンサート:

« 冬に食べたもの2016-2017 | トップページ | 無人島に持っていく10のギター曲 »