« 第4回 クラシックギター演奏愛好会プチ発表会 | トップページ | 追悼 佐藤弘和さん »

2016.12.17

佐藤弘和ギター作品展 vol.6

佐藤弘和ギター作品展はvol.2vol.3vol.4vol.5と2回目以降ずっと拝聴してきました。今回は、療養中の佐藤さんにお目にかかるチャンスなので、まずは参加と思い参上しましたが、今年一番の素晴らしいコンサートでした。

独奏からから合奏までいろいろな編成を聴きましたが、共通するのはメロディが美しく、和声がしゃれていながら適度に意外性があることなのかなと思います。当日の会場では、その特徴が多くの人の心に響いていることが感じられました。
そして、編成が大きくなってもギターの特性が生きているので、素晴らしい演奏者の手にかかることで、メロディや和声の特徴はそのままで、リズムやデュナーミクなど音楽のダイナミズムが大きくなっていく感覚を楽しむことができました。その中でも原さんの演奏に風格とやさしい人柄がを感じられ、コンサートの始まりに厳粛な雰囲気を作っていました。また、アルポリールギタートリオの鳥の歌は、リズム、ダイナミクスともに以前よりパワーアップした名演でした。クアトロパロスも初めて聴きましたが、噂どおりの実力派アンサンブルでした。

最後の佐藤さんのお話は、ライブ演奏を聴くことで音楽を共有する喜びを感じ、ギター界で活動する人、メディアを応援することで活性化させて欲しいという願いがあふれていました。少なくともこのコンサートは、いろいろな層のギターファンを呼ぶことに成功していたし、そこで演奏されたレベルの高い音楽に多くの人が共感していたという点で、すでに高い次元で理想的な状態が創造されていたように思います。
私も自分の楽しみだけでなく、こういう場での出会いを大切にして、少しは役に立つことを意識しなくてはいけませんね。

|

« 第4回 クラシックギター演奏愛好会プチ発表会 | トップページ | 追悼 佐藤弘和さん »

コンサート」カテゴリの記事

佐藤弘和さんの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/64632720

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤弘和ギター作品展 vol.6:

« 第4回 クラシックギター演奏愛好会プチ発表会 | トップページ | 追悼 佐藤弘和さん »