« 佐藤弘和ギター作品展 vol.6 | トップページ | Yamandu Costa×笹久保伸 »

2016.12.28

追悼 佐藤弘和さん

大好きな作曲家ギタリストだった佐藤弘和さんが亡くなり、お葬式にうかがってお見送りしました。

あまりにも暖かった命日に続き、前日の涙雨から青空なんて偉大な音楽家を送り出すのに相応し過ぎて悲しみが募ります。
とにかく優しい人で、お葬式でも生前の人柄が偲ばれました。ギター界でここまで優しさと才能を持ち合わせた人はいなかったでしょう。式の間に流れていた曲、弾かれた曲にあふれる優しさが参列者にも伝わっていることが感じられ、佐藤さんの曲は必ず弾き継がれていくことを確信しましたが、より多くの方に佐藤さんの曲を弾いてもらいたいとも思うので、演奏の思い出とともに追悼してみることにします。

佐藤さんの曲との出会いは、1990年代の初めに現代ギター誌に時々掲載された1ページの楽譜です。特段のプロフィールの記述もなく唐突に載っていて、新進のアコギの人かななどと思いながら弾いてみたら美しく弾きやすいので、以後出るたびに弾いていました。この頃の作品は、佐藤弘和ギター作品集「秋のソナチネ」に入っています。
この曲集は「素朴な歌」も収録されており、タイトル曲も含めて名曲ぞろいですね。

その後、オリジナル曲を参加条件とするオムニバスアルバムにお声をかけていただいたため、当時現代ギターの編集長だった故・菅原潤さんを通じて二重奏の作曲をお願いしました。それがこのSuite for Twoです。妻の曲想に関するリクエストにも応えていただいて、イメージどおりの曲になりました。その後、作品展vol.3でも演奏されていました。この曲はプロアマ問わず多くの人に弾いてもらいたいので、いつか出版していただきたいと思っています。

佐藤さんの作品の特長は、どれも美しく親しみやすいメロディながら、和声がおしゃれなところかなと思います。そこが好きでオフ会でよく使わせていただきました。
このSolitudeは現代ギターに1年間連載された二重奏シリーズの1曲で、特に気に入っています。作品展vol.3でも取り上げていらっしゃいました。

青空の向こうにの出版で、現代ギターに連載されたギター独奏曲はほぼ出版されたということですが、二重奏の連載などまだ出版されていない曲も入手できるようになることを期待しています。
また、タイトル曲は作品展、葬儀での小関さんの演奏が感動的でしたが、私個人としても思い入れがあります。
この曲は現代ギターで行っていたYouTubeを使ったムービーコンテストの最後の課題曲で、佐藤さんの新曲が課題曲になるということで、気合を入れて応募しました。
今回の出版を機に多くの人に弾かれる曲になるでしょう。

ギタードリームに掲載された「花の宴」は、日本的メロディを取り入れた美しい曲だと思い演奏しました。
廃刊になったギタードリームには毎号佐藤さんの曲が載っていて、編集方針からか弾きごたえのある曲が多かったように思いますが、現在は入手が困難になってきました。このようないい曲がたくさんあるので、これらも埋もれさせないために今後何らかの形で出版されることを願っています。

ベイビーズ・ソングもすっかり定番のシリーズになりました。オフで特集したときに、そのはしりとされる「やさしさ」を弾きました。こちらも風の間奏曲~48のやさしい小品集~に収録されたので、多くの人に弾かれるようになることが期待できますね。
しかし、こういう曲が新しく作られなくなると思うと残念です。

この夏には入院中にも関わらず精力的に作曲されていて、毎朝Facebookの投稿で増えていく新曲を多くの人が演奏しました。音を聞きたいという佐藤さんの要望に応え録音を投稿する人も現れ、私も参加させてもらいました。佐藤さんからのコメントもいただき、貴重な暖かい時間を共有させていただいたように思います。

その他にもいくつか弾いたので、プレイリストにしてあります。

編曲でも素晴らしい仕事をされていました。村治佳織さんのために編曲されたティアーズ・イン・ヘブン、戦場のメリークリスマス、カルメンなど多くの作品は、和声、構成ともに凝ったコンサートプログラムに相応しい本格的なレパートリーになりました。


個人的にビートルズものも提供していただきました。

これも佐藤さんからいただいた縁なのか、最近になって三重奏以上の演奏に参加させていただく機会ができ、佐藤さんの曲を積極的に取り組みはじめました。本当は四重奏を完成させて聴いていただきたかったのですが、代わりにちょっと前に演奏した(やや苦しい内容の)風にのって遠くの森へ行こうを張っておきます。

こうして、私が関わったものだけ見ても、ギター界が失ったものがいかに大きいかわかりますが、残された沢山の作品を大切に弾いていきたいと思います。

|

« 佐藤弘和ギター作品展 vol.6 | トップページ | Yamandu Costa×笹久保伸 »

演奏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/64663759

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 佐藤弘和さん:

« 佐藤弘和ギター作品展 vol.6 | トップページ | Yamandu Costa×笹久保伸 »