« Toshi Onizuka Japan Tour 2016 "Rhythm & Latin Fusion" | トップページ | Toshi Onizuka Japan Tour 2016 国分寺クラスタ »

2016.11.05

Tribute to Roland Dyens

現代におけるもっとも偉大なギタリスト・作曲家の1人、ローラン・ディアンスが亡くなりました。

1度だけでしたが、最初の来日コンサートで直接演奏を聴くことができ、即興から始まるプログラムに、その音楽性の高さを感じましたし、有名曲が次々弾かれる夢のような時間だったのを覚えています。

あまり多くはないですが、私もディアンスの作曲・編曲を弾かせていただいてました。
アルバムNuagesはクラシックギターのCDの中でも最高のものの1つだと思いますが、このCDの編曲もののほとんどが入っている出会いの編曲集はお気に入りの曲集でした。フランスで出版されたという情報を得て、当時著作権の関係からか日本での発売が遅れている間に友人を通じて入手し、がんばって練習したことを思い出します。
この曲集から、ヌアージュとラウンド・ミッドナイトを張っておきます。この曲は機会を見つけてまた弾きたいですね。

作曲はワルツ・アン・スカイがあったので張っておきます。これもアルバムNuagesに入っているフランス風のワルツですが、当時ちょっと諧謔的表現もありもっと弾かれるといいなと思って弾きました。

ジャズ集のNight & Dayも好きなCD・曲集です。
ここからはチュニジアの夜とミスティを弾いたことがあります。チュニジアの夜は叩きと最後のチューニングをいじるギミックがやりたいばかりに、手に余る曲を無理して練習した記憶があります。ミスティも難易度があまりに高く、1回無理やり弾いてお蔵入りしたあまり出来が良くない演奏ですが、これももっと弾かれるといいなという願いを込めて張っておきます。
この曲集からもまた弾きたいな。

|

« Toshi Onizuka Japan Tour 2016 "Rhythm & Latin Fusion" | トップページ | Toshi Onizuka Japan Tour 2016 国分寺クラスタ »

ネット動画 」カテゴリの記事

演奏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/64443128

この記事へのトラックバック一覧です: Tribute to Roland Dyens:

« Toshi Onizuka Japan Tour 2016 "Rhythm & Latin Fusion" | トップページ | Toshi Onizuka Japan Tour 2016 国分寺クラスタ »