« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016.02.25

沖仁フラメンコギターの世界

第一生命ホールの定例企画「630コンサート」に沖仁さんが出演するということで行ってきました。
このシリーズは休憩なしで1時間なため安価で、終わってからご飯食べても夜更かししないで済むという(6:30に来れるなら)なかなか良い企画です。
沖仁さんの演奏は、フラメンコの奏者としては群を抜くテクニックの緻密さと音の透明さで、特にトレモロの音が美しく、それ以外の表現も含めて楽曲そのものの良さが伝わってくる感じ。
共演の智詠さんの演奏は、鬼塚さんを通して知り合ってから何度か聴いていましたが、相変わらずの安定したテクニックでした。沖仁さんと伍して演奏してること自体が凄い。

さらに、「響きの良いホールを生かし、ギターの音を聴いてもらいたい」という主旨で、ソロ演奏は今回特別にPAなしで行われました。これはすばらしかった!PAを通したときよりも、ギターの繊細な響きが楽しめました。持ち替えによる音の違いも楽しませていただき、材質も影響しているのでしょうが、スペイン製ギターのマイルドさとヤマハのしゃきっとしたの音の違いも確かに感じられました。前後のPAでの楽曲との差異もまったく気にならず、聴衆へのサプライズプレゼントとなりました。

楽曲では、特にソロの1曲目が生音ということもあり心に沁みました。さくらさくらをモチーフにした曲、そして、大好きなチック・コリアのスペインもエンディングアレンジが凝っていて興奮しました。セットリストはこちら
フラメンコらしく表現の幅の大きな演奏は、心に響くもので、クラシック奏者の大いに見習わないとなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.16

パブロ・マルケス クラシックギター リサイタル

イーストエンド国際ギターフェスティバルで行われたパブロ・マルケスのリサイタルを聴きました。

前半はソルとバリオスで、その音楽の美しさを堪能しました。クリアで美しい音に寄りかかることなく、よくコントロールされた音量とフレージングで歌われている一方、内声も丁寧に鳴らしているため、古典はもちろんバリオスのようなロマン派的な曲でもポリフォニックに響いているように感じます。トレモロ曲も正に二重奏のようでした。
後半は知らない作曲家で、リストにある南米のリズムに期待しながらも、ちょっと地味かなと思いましたが、聴きはじめると、その予想は裏切られました。
最初はグスタボ・レギサモンの5曲で、都度解説しながら弾かれ、同郷のこの作曲家への思い入れを感じました。ここでは、フォルクローレのリズム、テクニックも第一級のものを持っていることがわかります。これにクラシックの揺るぎない技術が相まって、ギターの限界を超えない範囲での激しさが加わり、極上のラテン音楽を聴かせてくれました。これらを収録したアルバムがECMから出ているのも分かるような気がします。
プログラムの最後に弾かれたエデュアルド・ロペス・チャバリのソナタは、ギターのオリジナル曲だそうですが、20世紀前半に作られただけあり、近代的響きが感じられるビルトゥジティ溢れる内容を抜群のテクニックで楽しませてくれました。この曲はホセのソナタ的にコンク-ルチャレンジャーに人気が出るんじゃないでしょうか。
アンコールもたっぷり4曲で、ヒナステラのソナタ第4楽章まで入っている充実ぶり。

終演後は、休憩時間に買ったグスタボ・レギサモンのCDを持ってサインの列へ。そこで、一人ひとりに気さくに応対するマルケスと主催者自ら一人ずつ写真を撮る樋浦さんには感激しました。思えば、この樋浦さんのこのホスピタリティがフェスティバルを成功に導いているのだなあと、改めて感じます。これからも、ギター好きにとって至福の時間を与えてくれるこの素晴らしいフェスティバルに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.07

アンダンテ土曜ゼミ2016.2

ギターショップ アンダンテの土曜ゼミにまた参加してきました。
今回は、YouTubeを通じて知り合った後、ギターパティオのオフなどでご一緒させていただいていた久保田さんをお迎えして、2~3重奏をやるという趣向です。
最初は私と久保田さんの二重奏でソルの幻想曲を弾きました。

ちょっと楽譜と違うことを弾いているのは、本番でのご愛嬌ということで。でも気持ちよく弾くことができました。

続いて、武満徹の不良少年をオリジナルの三重奏で弾きました。

これは練習会を3回やった成果もあり、いつもの一発あわせよりは出来がよかったように思っています。

最後は妻と久保田さんで、ハンドのPrayerです。ただし、本番で事故があったため、練習でのベストテイクを貼り付けておきます。

これはアンダンテの川平さんも「いい曲ですね」といってくれたように、ホントに名曲だと思います。

ということで、アンサンブル大会とさせていただいた今回の参加は、全体に楽しんで弾くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »