« 第58回東京国際ギターコンクール | トップページ | 追悼 江部 賢一さん »

2015.12.13

佐藤弘和アンサンブルシリーズ in こもれび vol.15

待望の佐藤さんのコンサートということで、これは聴かなくてはと思い小平の永田珈琲店に伺いました。
今回は、「2つのギターの夕べのひととき」ということで、前田司さんをゲストに迎えたデュオコンサートでした。

カルリのセレナーデは、学生のころクラブの上手い先輩が弾いていた懐かしい曲。コンサートのオープニングにふさわしい華やかさです。
つづいて、それぞれのソロで、まず前田さんによる佐藤さんの曲で「サンクス・ギビング」「せせらぎ」「青空の向こうに」でした。どれも美しい曲でしたが、特に「青空の向こうに」は現代ギターでやっていたムービー・コンテストで弾いた思い出がある特に好きな曲で、懐かしく聴かせていただきました。
次は佐藤さんのソロで、「愛の挨拶」、バリオスと佐藤さんの「クリスマスの歌」2連発。現代ギターの12月号に載っていた愛の挨拶はオリジナルのように聞こえることを目指した編曲とのことで、なるほどギターが無理なく響いていました。クリスマスの歌はなぜあんなにクリスマスなんだろうというぐらいクリスマス風味あふれる美しい曲。楽譜があったので、妻が家でさっそく弾いています。
前半最後はソルのロシアの思い出。原典どおり全ての変奏を弾いているだけでなく、後期のロマンチシズム溢れる作風がよく表現され、佐藤さんたちの演奏スタイルに合った好演でした。

後半は、今回の目玉である佐藤さんが中学生から高校生のころに作曲したピアノ曲をギターデュオに編曲した作品集でした。どれも愛らしい小品で、なるほど表題のようなイメージが感じられます。まさに佐藤弘和節炸裂で、すでに作風が確立していました。今回初めてギターコンサートに一緒に行った娘は「回転木馬の悲しみ」が気に入ったようでした。
最後にもう1曲佐藤さんのディアフレンズ。以前聴いたコンサートで弾かれたことを懐かしく思い出しました。YouTubeに当日の映像が上がっていましたので、追記しておきます。

アンコールは季節柄のクリスマスキャロルでしたが、さすが佐藤さん一味違う自編の「きよしこの夜」でした。響きがかっこいい!ので早速購入しました。こちらもYouTubeの映像を追記しました。

佐藤さんの音は相変わらずふくよかな美しさで、相変わらずMCも楽しく2年半ぶりというブランクを感じさせない素晴らしいコンサートでした。

|

« 第58回東京国際ギターコンクール | トップページ | 追悼 江部 賢一さん »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/62856849

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤弘和アンサンブルシリーズ in こもれび vol.15:

« 第58回東京国際ギターコンクール | トップページ | 追悼 江部 賢一さん »