« 6月のラーメンたち | トップページ | 納涼アンサンブルコンサート »

2015.07.13

Guitar Patio 2015夏オフ

Café Largoで行われた恒例のギターパティオ夏オフに参加しました。
今回はまずトップバッターで1曲、パット・メセニーレター・フロム・ホームを弾きました。
最初に弾くのは上がらなくて良いです。まずまずの出来だったように思います。

次は、今回のプロジェクトのカタロニア民謡。小品が多いためいつもより時間は短くなりましたが、主要な曲が出揃って充実感はあったように思います。
私が演奏したのはリヨベート編の「先生(El Mestre)」。
持っていた出版譜では「教師の恋」で、これは歌詞の内容を反映した邦題で、要はけしからん先生の歌。しかし、歌詞では生徒側もまんざらではないようで、合意の上なら美しい歌になるってことでしょうか。演奏を改めて見るともっさりしてますが、弾ききっているのでアップしました。

次は孤高のバッハチェロ1プロジェクト第3弾で、クーラントを弾きました。
緊張はしなかったため、このくらいが私の限界だろうと見て久々のリベンジなしアップです。

最後におまけで練習中の武満徹「ヒロシマという名の少年」を岡野さんと当日合わせで弾きました。
相手の音を聴く余裕がない私にうまく合わせていただいたおかげで曲になったのでアップしました。岡野さんありがとうございました。

メセニーが無難に弾けた流れを保って数年ぶりにさほど上がらず、みなさんの演奏でもそれぞれのこだわりも感じることができ、会全体をリラックスして楽しみました。打ち上げのバイケーオでも楽しく飲み食いし、気分良く帰路に着きました。

|

« 6月のラーメンたち | トップページ | 納涼アンサンブルコンサート »

ネット動画 」カテゴリの記事

演奏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/61883426

この記事へのトラックバック一覧です: Guitar Patio 2015夏オフ:

« 6月のラーメンたち | トップページ | 納涼アンサンブルコンサート »