« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015.06.20

SERKAN YILMAZ & HIKARU IWAKAWA JAPAN TOUR

エル・チョクロ で、セルカン・イルマス&岩川光 ジャパン・ツアーの東京公演を聴きました。

この日のキーワードは「頭おかしい」。
演奏者が言っていたことですが、観客から見ても、こういう曲を作る人たちの、こういう曲を暗譜して演奏する人たちの頭の中はどうなっているんだろうと考えてしまうほど超絶なライブでした。
まずはテクニックが超絶。
ギターのセルカンはさほどボディーを叩かなくてもリズムが立っている。その必要がないんですね。複雑なリフを難なく弾き、番外弦も積極的に押さえて弾いていて、強いタッチから繰り出される豊かなサウンドが美しい。
岩川さんのケーナもセルカンと競うように複雑なのにノリノリの演奏で、しかも豊かな音でダイナミクスたっぷりに歌う。旋律の中にパーカッシブな息づかいが感じられ、例えば、ヴァイオリンで弾ける人がいないからこのデュオでやるとセルカンが言ったというジプシーのヴァイオリン という曲なんか、岩川さんのケーナでこそ二ュアンスが出せるというのが本当のところなんでしょう。他の人が容易にマネできないレベルと分かっていながら、ケーナという楽器の表現力は管楽器で最強なのではと思ってしまいました。
そして、これらテクニックのすべてが音楽表現に向かっており、複雑なのに体が自然と動いてしまう極上の音楽が生み出されていました。

終演後はデュオのCD以外にも貴重なセルカンのソロCDなど3枚も入手し、サインもゲット。しばらくはおかずに困ることはなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.05

ラーメン during Toshi Onizuka Japan Tour

鬼塚さんのライブに合わせて、各所でラーメン店を開拓しました。

まず、町田では白河手打中華そば 一番というお店に伺い、基本メニューの中華そばをいただきました。
魚介の利いた澄んだ醤油スープに平打ちの中太麺で、醤油ラーメンのど真ん中といった味わいが素晴らしい。チャーシューは豚と鶏が一枚ずつでどちらも丁寧に作られていることが良くわかります。良いお店に出会いました。

曙橋では鯛塩そば灯花という最近できたお店を開拓しました。
こちらは塩ラーメンど真ん中。鯛のだしがやさしい深みを与えています。麺は細く全体に和風なおも向きでおいしくいただきました。姉妹店のつけ麺も気になるところ。

目黒では麺屋 藤しろというお店を訪問。
こちらでは濃厚鶏白湯ラーメンをいただきました。
最近、一定のシェアを占めつつある形態で、濃厚ながらもまろやかな口当たりが好ましいです。生姜レモン、黒胡椒といった薬味類が単調になりがちな味を調えてくれて、おいしく頂きました。

神田では、めん屋そらというお店を開拓できました。
こちらは直球ど真ん中のしょうゆラーメンで、昔懐かしい感じですが、平打の麺が選べるコストパフォーマンスが高い内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.04

Toshi Onizuka Japan Tour at 楽屋 and more

ツアー最終日は中目黒の楽屋でした。
ここでは、いつものソロの演奏に加えて、ボーカリストのミホさんがゲストで登場。スタンダードなナンバーを2曲ほど聴かせてくれ、前回に続いてこちらでも歌との相性のよさを感じさせてくれました。超満員お客さんは、これまでのツアーの中でも一番の盛り上がりを見せていました。

そして、G’Dropというワインバーで行われたシークレットギグにもうかがう機会を得ました。ボーカルのミホさんとの再共演もあって、ちょっといいワインを飲みながら、ツアーの余韻といった雰囲気で楽しむことができました。

これでToshi Onizuka Japan Tour 2015は終了です。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。来場された方からは、1台のギターでここまで聴かせるステージはなかなかできないとの感想をいただきました。鬼塚本人も、これから帰国する頻度を高めたいとのことでしたので、今回聴き逃した方も、次の機会にはこの珍しいギターパフォーマンスを是非体験していただきたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »