« 「麺や庄の」ふたたび | トップページ | デュオ・メリス ギターリサイタル »

2015.02.14

リカルド・モヤーノ ギターリサイタル

イーストエンド国際ギターフェスティバルでうわさのリカルド・モヤーノを聴きました。
いや~えらいものを見てしまった。

弾きはじめると、まず、ぶっとい音に圧倒されます。しかし、時折繰り出される鋭いスケールやコードワークから、高度なテクニックも持っていることがわかります。そして何よりも素晴らしいのはリズムで、親指から繰り出される強靭なベースがリードして、まるでラテンバンドのようなノリ。南米各地を巡るプログラムで、国が変わるとノリが変わるのがよく分かりました。南米のリズムに詳しければ、きっともっと楽しめたんだろうなあ。
和声的にも面白く、耳馴染みのあるアルフォンシーナと海はラウンドミッドナイトや枯れ葉のメロディまで聴こえて、「アルフォンシーナとジャズ」といった様相。フェリシダージもちょっと変わったコードワークで面白い。さらに、弦をクロスさせるスネア奏法は珍しくないですが、演奏中に4弦をナットからはずしてしまう荒業には参りました。

そして、最後のトルコの曲は圧巻!これがうわさの微分音か。リズム・ハーモニーと合わせて、集大成となっていました。プロフィールを見るとあちこち巡って今はトルコに住んでいるとのことで、音楽とともにここに落ち着いたのかなと思いました。
アンコールも盛りだくさんでしたが、特にアルゼンチンの踊り、ガトはまるでプログレのようで音楽性の幅広さを感じました。
行く前の情報からはフォルクローレのギタリストかななんて思っていたのですが、まったく異次元の偉大なギタリストで、やっぱり生で聴かないと本当の良さは分からないものだって思いました。伺って良かった。いつも素晴らしいギタリストを招聘し、私のようなものにもリコメンドのメッセージをくださる主催者の樋浦さんに感謝します。

|

« 「麺や庄の」ふたたび | トップページ | デュオ・メリス ギターリサイタル »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/61134236

この記事へのトラックバック一覧です: リカルド・モヤーノ ギターリサイタル:

« 「麺や庄の」ふたたび | トップページ | デュオ・メリス ギターリサイタル »