« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015.01.18

Ramen winter corection

この冬は意外と外出が多かったため、新規開拓できたラーメン特集+αです。

まず12月。
六本木で某シンガーソングライターのライブに行ったついでにAFURIの六本木店に寄ってみました。
こちらの定番塩をいただきました。オーソドックスな内容ですが、最近、魚介豚骨に食傷ぎみなので、さっぱりと美味しく頂きました。

キケ・シネシのコンサートの時は近くの麺屋 中川會を開拓。ラーメンを注文しました。
魚介豚骨ベースのスープは 濃いめながら、サラッとしていて食べやすい。しかし、この店はつけ麺だったか。ティアラ江東に行く時があれば、要再訪かな。

研修で行った渋谷では、また2店。
まず、ラーメン凪 豚王
事前リサーチより、初訪ながら少しひねって黒王を頼みました。予想した通りいわゆる博多ラーメンでしたが、マー油がたっぷりの香ばしさと挽肉のアクセントのお陰で飽きずに食べられました。

もう1店は中華ソバ 櫻坂
スープはコクがあるけど、意外としつこくない優しい味。魚粉の粉っぽさが無いんだな。中太ストレート麺は特徴はないが丁寧にバランスよく作られていて好印象でした。ここはまた行きたい店。

岩川光さんのケーナによるバッハ集(すんごく良かったのですが、書くタイミング逸した)の前に四谷のめん屋 いなばというお店を訪問。
こちらは魚粉が入ったタイプの典型的な魚介豚骨、中太ストレート。おいしいんだけど、これといった特徴が感じられない。やはり、しばらくこの手のラーメンの開拓はやめとこうかなと思ってしまった。

大宮ではつけめん 蕾 本家というお店に寄りました。
濃厚煮干しつけめんをいただきましたが、煮干の利いたつけ汁は魚粉の粉っぽさがあまりなく、中太ストレート麺もまずまずのレベルで、近くに来ることがあったらまた来たいお店でした。

所用で馬事公苑のほうに行ったときに、10年ほど前に町屋にあって営業のとき何度か行った勢得があることを知り、懐かしくて伺いました。
以前は「あつもり」って頼んでましたが、それに該当すると思われる釜揚げつけめんを頼みました。太目の自家製麺と粉っぽさがなくダシで味を出しているつけ汁が相当高いレベルを実現しています。

両国では服部さんのコンサートの前に博多ラーメン ガツンで腹ごしらえしました。
ここはなんといってもコストパフォーマンスが良い。替え玉つきで530円です。しっかりした豚骨スープと細麺のオーソドックスな博多ラーメンをいただきました。

最後にプラスαでカレーです。
東京国際ギターコンクール(所用で全部見られなかったのでレポートしませんでした)の前に寄ったBharatiというインド料理店で食べたカレーです。なかなか手間のかかった深い味わいだったと思います。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.15

ディア・フレンズ〜ギターとピアノによるコンサート

佐藤弘和さんの曲がたくさん、しかも聴く機会が少ないピアノがらみの曲が弾かれるということで、服部文厚さんと栗原京子さんのデュオによるコンサートに行きました。

ギターと他楽器とのアンサンブルはそれだけで楽しみなのですが、とりわけ佐藤さんの曲は親しみやすく弾いても楽しそうでした。特にギター二重奏でもなじみのある「風のはこんだ4つの歌」は、季節ごとの風の香りが感じられる名曲だと思います。最後に演奏されたフェビアン・レザ・パネの「織りなす魔法の踊り」も南国的な雰囲気の曲想ながら重厚な内容でした。
ギターソロでは、前半と後半それぞれの流れに沿って佐藤さんとポンセのちょっと珍しく興味深い小品が入ることで、プログラムに聴きやすく変化がついたように感じました。
ピアノソロもギター弾きを意識した内容。佐藤さんの曲は制約が少ないのと若いときに作られたということもあるのか、和声もリズムも凝ったものであったように思われ、ハイーパー佐藤ワールドといった趣でした。ポンセも有名曲ながらポンセ自身によるゴージャスなアレンジ。ピアノの表現力を楽しむことができました。

服部さん本人もおっしゃっていましたが、チューニング・調律も含めて細部までこだわりがあり、観客に聴かせるためのプログラムメイキングの大切さを感じたコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »