« 高校のクラブの同窓会2014 | トップページ | ディア・フレンズ〜ギターとピアノによるコンサート »

2014.12.27

麺や庄の礼賛

茹でたての真っ白な麺が、ぱっと置かれたカウンター上から暖かそうな湯気を吐きながら白い器に盛り上って、一本一本真珠のようにかゞやいているのを見る時、日本人なら誰しもラーメンの有難さを感じるであろう。

・・・むりやりすぎるパロディですが、単独で特集できるほど、最近麺や庄のが好きすぎて困ります。

マルコ・トプチィのコンサートの前に春日のMENSHO TOKYOに再訪しました。
癖はあるもののラムの深い味わいと風味の良い自家製の細麺が素晴らしい。やはり、現時点でここは最強だと思います。

本店では、限定創作麺2種を頂きました。
最初は「四万十生姜の中華そば」です。
千切り、薄切り、おろしの3種の生姜が入っていて、濃いめの醤油とベストマッチ!細麺がよく合っていて、チャーシューは鶏チャーシューまで入っても食べ応えあり。魚介豚骨に飽きつつある今、こういうラーメンも定番に入れて欲しいなあと思いました。

もう1つは「フォアグラ鶏白湯」。
フォアグラの濃厚な味と鶏白湯の相性が良く、鶏肉を低温調理したと思われるチャーシュー、通常メニューにはない中太ストレート麺と、こだわりが感じられ、これぞラーメン店のクリスマスメニューといえる適度に高級な味わいでした。こちらは29日まで食べられますよ。

もうひとつ特筆しておきたいのがBGM。
いつもジャズやボサノバが流れています。よくポピュラー曲のジャズアレンジがかかっていて、音楽センスの良さも感じています。

|

« 高校のクラブの同窓会2014 | トップページ | ディア・フレンズ〜ギターとピアノによるコンサート »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/60872149

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や庄の礼賛:

« 高校のクラブの同窓会2014 | トップページ | ディア・フレンズ〜ギターとピアノによるコンサート »