« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.31

佐藤弘和の音楽と自然のことば

GGサロンで「ギター名曲講座」として行われたアルポリール・ギタートリオのコンサートを聴きました。

曲の解説は現代ギターのブログに譲るとして、季節をめぐる12の歌を分けて重量感のある曲の周囲に配置し、実際に季節をめぐるような粋なプログラム構成でした。特に4月の曲である「チェリー・ブロッサムズ」のモチーフが再現される3月の「春の訪れ」が聞こえてくると、なんだか暖かい気持ちになります。「季節をめぐる12の歌」全曲を聴く貴重な機会となりました。
プログラムの中でも、圧巻だったのは「鳥の詩」で、メロディの美しさだけでなく3台のギターが鳴りきった音響空間が3台以上の効果を生んでいました。さしずめ3本の矢といったところでしょうか。以前同じ場所で聴いてある程度知っていたこともあり、今回は曲の構成感まで楽しめたように思います。

以前行われた佐藤さんの作品展の続きを聴いているようで、ファンとしても嬉しいコンサートでした。

<追記>
現代ギターのYouTubeチャンネルで鳥の詩と季節をめぐる12の歌、風のはこんだ4つの歌が公開されましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.23

沖縄旅行で食べたもの

夏休みの沖縄旅行で食べたものです。
昨年は緊急の仕事でキャンセルになったリベンジで、今年は思い切って沖縄に行きました。

まず「しまぶた屋」です。
島黒(しまくるー)のせいろ蒸しコースをいただきました。
前菜3種。ドラゴンフルーツでつけた大根が変わっててうまかった。

冷製茶碗蒸しに海ぶどうが入って沖縄珍味も余すところなし。

こちらはつみれと野菜と豚肉を重ねて蒸しているところ。せいろに並べて、
少し待つと出来上がり。素材の味がよく出てまいう。

じゅーしーという炊き込みごはんも良いです。

コースのデザートは雪塩黒糖プリンでこれもなかなかの濃さと、ほのかなしょっぱさが変わっていて満足度高し。

コース以外にも、おねいさんのおすすめのあぐーの生ハム、ラフテー、あぶった豚肉の寿司を食べましたが、どれもしつこくない油が程よく乗って超まいう。特に寿司はお勧めです。

次に行った時も食べたいと思うほどのお店で、妻の事前リサーチ大当たりでした。

ホテルの朝食です。オムレツは欠かせません。いろいろなパンをその場で焼いていて、思わずたくさんとってしまいます。サラダのドレッシングがいろいろなフルーツの味のがあったり、沖縄郷土料理もつまめて、充実していました。

もちろん、沖縄そばも食べました。
ドライブの途中で偶然入ったまーす家というお店でしたが、これが大当たり。
私はソーキ(あばら)、三枚肉、軟骨の3つの部位が楽しめるその名も「V3そば」をいただきました。しつこくないカツオダシのスープは、ゴツイ豚肉のかたまりとバランスが取れていておいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.05

ギターパティオ夏オフ2014

カフェ・ラルゴで行われたギターパティオの夏オフに参加しました。

私の演目は、まず一般エントリーでGoose Houseというシンガーソングライター集団の演奏に触発されて練習した「あいのうた」を弾きました。
演奏は今一つだったので、動画は自宅での練習版で勘弁してください。

続いて、バッハBWV996 番組表縦読み型プロジェクトの最終回ジーグです。この演奏もキズだらけですが、オフ用に装飾を増量してみたチャレンジの記録としてブログ用限定公開することにしました。宅録版はもう少しマシな演奏をしていると思いますので、よろしければお聴きください。

プロジェクトはブローウェルのシンプルエテュードで、改めて聴くといい曲がそろってますね。
私は11番で参加しました。

次にマイケル・ヘッジスを多くの人に聴いてもらいたいという気持ちでレイオーバーを弾きました。
しかし、演奏が岡野さんの次という罰ゲームな出演順に負けてしまったので、マイケル・ヘッジス布教活動のために自宅リベンジ版に代えさせていただきます。

最後に、その岡野さんの影響で練習したニュー・シネマ・パラダイスの渡辺香津美版(谷川公子編曲)を弾きました。
正攻法ではとてもかなわないのでジャズっぽい版で攻めてみました。こちらではだいぶ持ち直したんじゃないかと思います。ついでに曲想に合わせて少しエコーを盛ってます。

いつものことではありますが、おいしいコーヒーとケーキとともに落ち着いた空間でギターを聴き弾くという贅沢に、打ち上げでのインド・ネパール料理を食べながらの語らい(爆)までフルコースで楽しみました。
今回はさらに、新メンバーやお久しぶりの方の参加のおかげで盛況で、聴く楽しみも充実して何よりでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »