« NEW CD「What a Beautiful Day」と1993年のお宝?映像 | トップページ | GFA 2014 International Concert Artist Competition »

2014.06.07

5月に食べたもの

と、言ってもラーメン中心ですが、5月が終わってしまったのでまとめておきます。
まず、今月食べたラーメンです。
社用で外出することが多かったので、出先で新規開拓が進みました。

まずは、新宿のつけ麺屋 やすべえでスタンダードのつけ麺をいただきました。
つけ汁はさほど濃くなく、ちょっと甘みのあるスープが今ではかえって特徴になっているように思います。玉ねぎを足すと、また違った味わいが楽しめました。

さらに、新宿で俺の空を発見!
東池袋で見つけて気に入っていて、再訪したいと思っていたところでした。掛け豚そばを食べましたが、ほぐしたチャーシューときざんだ玉ねぎが、魚介豚骨の濃いスープと細い麺に絡んでこの店ならではの味わいが楽しめます。

中野にも足を伸ばしています。
肉煮干し中華そば さいころというお店に伺い、看板メニューと思われる「肉煮干し中華そば」をいただきました。
こちらは醤油と煮干の味がしっかりついたスープとともに、表面を埋め尽くした豚バラ肉の油の味がじわっと感じられ、これはこれでおいしい一杯でした。

高田馬場にも行きました。
こちらでは麺屋武蔵 鷹虎濃厚つけ麺をいただきました。太麺、濃厚ダブルスープのオーソドックスな内容ですが、武蔵だけあってはずれはありません。 さらに虎ニンニクという薬味を入れるとコクが出て最後まで美味しくいただきました。

川崎では駅の地下にある「いちや」で中華そばをいただきました。ごくオーソドックスな醤油ラーメンですが、ダシ麺共に高いレベルでした。ただし、チャーシューが少し変わっていて、脂の少ないあ鶏肉をローストしたもの。これはこれで美味しいんだけど、やっぱりこういうラーメンには普通の豚肉のチャーシューが合うように思います。

こちらは西国立の「仁王」。
つけ麺をいただきましたが、褐色の太麺、濃厚ダブルスープ、トンポーローのような柔らかく厚いチャーシューと、さほど激戦区でもないのに、このクオリティは特筆ものでした。スープ割りにはとき卵が入って、ちょっと趣向が変わったマイルドな味が楽しめました。

ラーメン以外のものも食べてます。
まずお墓参りの時に、お寺の隣にある谷中の岡野栄泉で豆大福を買ってきて食べました。
コナっぽいのでやや食べにくいですが、伸びるほどやわらかいもちと塩が利いて豆多め、甘さ控えめのアンコが美味でした。

出張の沼津では、「とりう」というお店で「緑葉あじ彩丼」を食べました。
値段はやや高めながら、あじにびっしりと覆われたどんぶりににぎりも付いてプチ贅沢を味わいました。

青森では、「しゃもろ~太」というお店で、看板メニューの「シャモロック親子丼」をいただきました。
このシャモロックは宮内庁御用達の青森特産の高級地鶏だそうで、少し汁気多めの卵とじとともにしっかりとした歯ごたえを楽しみました。

|

« NEW CD「What a Beautiful Day」と1993年のお宝?映像 | トップページ | GFA 2014 International Concert Artist Competition »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/59743712

この記事へのトラックバック一覧です: 5月に食べたもの:

« NEW CD「What a Beautiful Day」と1993年のお宝?映像 | トップページ | GFA 2014 International Concert Artist Competition »