« 第55回東京国際ギターコンクール | トップページ | 最近食べたラーメン »

2012.12.19

キケ・シネシ&岩川光デュオ ジャパンツアー2012

もう1週間経ってしまいましたが、ティアラ江東で聴いたキケ・シネシ&岩川光デュオのコンサートのことも書いておかねばと思います。
岩川さんは智詠さんとのライブを見てから注目していたケーナ奏者でしたが、都合が合わずになかなか聴きに行くことできずにいました。今回は、アルゼンチンの強豪キケさんとの共演ということで、会社を逃げるように脱出して正に万難排して聴きに伺いました。

岩川さんは前に聴いた時も凄かったのですが、数倍パワーアップした感じ。超絶テクニックなんですが、特殊な奏法にも必然が感じられ、すべてが魂の表現に使われているように思われました。サンポーニャも素晴らしく、これで演奏されたアルフォンシーナと海は、語りかけるようなニュアンスで歌い上げる表現が泣けました。

キケさんは、5月に来日した時に聴いた時にはピアノ&ボーカルのカルロス・アギーレのサポート的な印象を感じました。今回は笛との、しかも攻めの音楽を繰り出す岩川さんとのデュオなので、キケさんの音楽を満喫することができました。フォルクローレの雰囲気に乗ったジャズのボイシングが絶妙で、岩川さんのケーナとの組み合わせは、他に同種のものが思い当たらない音楽であったと思います。写真は終演後に撮ったキケさんの楽器達です。

後半には、レオナルド・ブラーボさんも加わって3曲演奏。特にリベルタンゴは、これまで聴いた中でも一番スリリングな演奏でした。ブラーボさんは、普通のクラシックなギタリストには真似できない、南米のリズムを利かせたバッキングとソロを聴かせてくれました。

岩川さんは来年活動拠点をアルゼンチンに移すそうですが、帰国予定をチェックして、また聴きに行きたいと思います。

<追記>当日の音源が岩川さんのYouTubeチャネルに掲載されましたので、ツアーの演奏をPlay Listにしてみました。

|

« 第55回東京国際ギターコンクール | トップページ | 最近食べたラーメン »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/56353715

この記事へのトラックバック一覧です: キケ・シネシ&岩川光デュオ ジャパンツアー2012:

« 第55回東京国際ギターコンクール | トップページ | 最近食べたラーメン »