« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012.07.28

エスニック2店

久しぶりに丸の内の国際ビルに行ってみたらTARUTARUというタイ系のお店ができていました。
ランチはおかずの品数によって料金がきまるシステムで、ココナツの利いた牛すじのマッサマンカレーとガパオの2品にしました。ガパオはイカが入っていたせいか、ちょっと期待と違った味でしたが、海鮮風味も悪くなく、カレーがおいしかったのと、エスニック料理らしくタイ米だったので総合的には満足。もやし入りスープが付いていましたが、もう少しエスニックらしくひねってあれば満点でした。

もう1店はコチンニヴァース。
人間ドックを毎年西新宿で受けていて、いつも昼食は胃カメラを飲んだご褒美ということで、ここで食べることにしています。
この日は土曜日だったので、ランチはありませんでしたが、夏メニューからアラカルトで、パニールとナスのカレーと、ほうれん草と卵が入った炒めご飯(名前忘れた)をオーダーしました。
パニールはインドのチーズですが、淡白で食感がよく、トマトの酸味とニンニクが利いたカレーによく合います。インディカ米の独特の香りも食欲をそそります。朝食抜きも手伝って、美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.22

ラーメン2店

以前から調布駅前にあったのですが、ちゃんと食べたことがなかった大勝軒に行ってみました。少し懐かしい感じの醤油豚骨で、豚骨としてはマイルドな感じ。麺は太めでもちっとした好きなタイプです。疲れていたのでニンニクのみじん切りをつけてもらいました。悪くはないといったレベル。

こちらはクラスタに行く前に食べた国分寺の利休
ここは気に入りました。濃厚な感じの魚介醤油豚骨で、特に魚のダシが利いていてGOOD。中太の麺もスープにマッチしています。チャーシューは薄切りで食べ応えは無いですが、やわらかく麺と絡めやすいので、これもありでしょう。また行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.18

クラスタのフリーコンサート

楽しみにしていた弦楽との合わせの本番は、都合で行けなくなってしまったので、せっかく交換した絃を有効に活用すべく、国分寺クラスタのフリーコンサートに参加することにしました。
演奏したのは練習中の2曲。
まずは、壺井一歩編「スカボロー・フェア」。
武満徹の「すべては薄明の中で」の4楽章のフレーズが使われている美しくも凝った編曲が気に入って練習したのですが、アガっちゃって出来はいまいちでした。記録アップではありますが、良い曲かもと思った方は、プロの模範演奏CD付きのギタードリームNo.32を入手して、この曲の本来の姿を聴かれることをおすすめします。

もう1つは大曲に挑戦シリーズで、テデスコの「悪魔のカプリッチョ」。
柄でもない真面目な選曲ですが、近代のある程度メジャーな作曲家の曲を弾いておきたいと思い、一番好きなこの曲にしました。ただし、楽譜は原典版と称するジラルディーノ版をもとに、演奏効果がありそうなところはセゴビア版を取り入れたり、セゴビア版にない拡張部分はあえてカットするなどオリジナリティを出してみました。
しかし、この演奏の出来も記録アップレベルです。ライブでは限界があるので、そのうち宅録でもしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.14

サプライズ演奏動画をまとめてみました

最近、ネットでこの第9が話題になっているのを見ましたが、以前、この手の動画をいくつか見たことを思い出し、まとめてみました。

最初にマイミクさんが紹介されていたのを見たのは、このコペンハーゲンフィルのボレロだったかと思います。

こちらも同オーケストラ。地下鉄から地上にでるところが美しいペールギュントの朝。

Swingle Singersの地下鉄ものです。

ロンドン地下鉄のゴスペルな人たち。

dutch radio orchestraのみなさんとか。ノリノリです。

いずれも通りすがりの聴衆の笑顔が素晴らしいです。音楽の力を感じますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »