« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.22

最近食べたラーメン

ここ2ヶ月ぐらいでラーメンを食べた時の写真がたまってました。

まず、送別会(っていつのだ)の後、ラーメン終止で食べた銀座一丁目の「久留米らーめん 金丸」。東京のトンコツは複雑さがエスカレートしているようにも思いますが、これはマイルドで飲んだ後にちょうど良かった。

次は、クラシックギターギターコンサートを楽しむ会に行った時に食べた「七志」。
熊本ラーメンの部類に入ると思います。中太の麺とニンニクでコクを出したスープがおいしい。 具に入っていたタケノコもシャキっとしたアクセントになっていてGOOD。

もう1つ、稲城にある「とんでんかん」。子供が生まれる前によく妻と行ったお店で、やはり当時よく食べたネギラーメンを久しぶりに食べました。昔ほどではないけど獣臭さ満点のスープが、ゴマ油の利いたネギがベストマッチなのは変わりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.06

4/1クラシックギターコンサートを楽しむ会

以前からご案内頂いていながら、なかなか参加できなかったクラシックギターコンサートを楽しむ会に行ってきました。
今回は、私が知っている中で一番上手なアマチュア岡野雅一さんと本場アルゼンチン仕込みの南米レパートリーを一度聴いてみたかったレオナルド・ブラーボさんが出演となれば、行くしかありません。

岡野さんのプログラムは、グラナドスのゴヤのマハ、バッハ998、ボンセの南のソナチネなどプロのリサイタルレベルで、しかもこれらを、アマチュアのそれをはるかに越えた安定感と幅のある表現、ビブラートがしっかりかかった太く美しい音で演奏されました。

ブラーボさんは、カルロス・アギーレの風景組曲、ピアソラのブエノスアイレスの冬と春、キケ・シネシの澄みきった空と、全て南米物です。切れの良いリズムと歌心にあふれていて、一杯飲みたくなるようなご機嫌な演奏。 特にアギーレの曲が気に入ったので、終演後に出版されているかうかがってみたのですが、出ていないとのこと。アギーレは近く来日するので、打診してはいかがでしょうか?>出版関係者

アンコールは、二重奏でソルのランクラージュマン。ここまで快速で美しい演奏は聴いたことがありません。プロとここまで互することが、できる岡野さんに驚きました。
ということで、会の名前どおり、クラシックギターを堪能した午後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »