« 最近食べたラーメン | トップページ | ラーメン2店 »

2012.01.31

ジュディカエル・ペロワ ギターリサイタル

YouTubeで見て、ぜひ実演を見たいと思っていたジュディカエル・ペロワのギターリサイタルを聴きました。

オープニングはレニャーニのファンタジアで、いきなりハイテクニックを披露。これはただ者ではないと思わせた所で、バッハのリュート組曲2番です。特にフーガで内声がこれほどレガートにつながって聞こえる演奏は初めてです。メカニックが完璧なだけでなく、おそらく柔軟性もあるのでしょう。ジーグ&ドゥーブルも余裕で弾き切っていました。
前半最後は急遽差し替えで演奏されたセビーリャで、太い音でよく歌うだけでなく和音をきれいに響かせていて、さほど好きではないはずのスペインものに魅了されてしまいました。

後半は、バリオスの郷愁のショーロからスタート。この曲も、音を十分に伸ばすのは難しいのですが、和音の移り変わりがきれいにつながって聞こえていました。
2曲目はポンセのソナタ3番。ここまで来るとどれだけ上手くても驚かなくなってますが、特に2楽章で、ポリフォニックな動きの美しさが際立っていました。
バッハのプレリュード・フーガ・アレグロも素晴らしく、特にフーガでのテーマの浮き上がらせ方は、これまで聴いたことの無いレべルでした。
アンコ一ルは3曲で、パガニーニのロマンスの珍しい変奏付き、バッハのパルティータNo.2から1曲、ピアソラじゃない何かタンゴの曲と、どれも本プロで弾くような重量級。

演奏中はちょっとナーバスになっていたようにも見えましたが、終演後にCDにサインしてもらうときには気さくな感じで握手してくれて、すっかりファンになってしまいました。

|

« 最近食べたラーメン | トップページ | ラーメン2店 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/53872643

この記事へのトラックバック一覧です: ジュディカエル・ペロワ ギターリサイタル:

« 最近食べたラーメン | トップページ | ラーメン2店 »