« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.06.20

最近食べたラーメン

もう震災前になりますが、シュタイドルのコンサートの前に、幡ヶ谷の「麺屋 九秀」というお店で食べた時の写真がそのままになっていました。
基本的には博多ラーメンのお店ですが、魚粉を加えた「アゴ節豚骨ラーメン」を頂きました。豚骨スープに魚介の香りがマッチして、固めの細麺によく絡んで美味しく頂きました。今度はつけめんを食べてみたいかな。

サモラの終演後は、新宿三丁目にある三代目(助)(丸の中に助で「まるすけ」)というお店で「黒らぅめん」を頂きました。こちらも博多ラーメンですが、スープがクリーミーなほどに濃厚で、こちらも麺に良く絡みます。濃厚なのに臭みはなく、マー油の香ばしさとよくマッチしていました。また、千切りキャベツが具に入っているのが新鮮で、濃厚なスープに合っていました。ただ、普通のラーメンとはいえチャーシューにもう少しボリュームが欲しかったように思います。こちらも次はつけめんを食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.19

父の日に頂いたちょっとおいしいもの

父の日ということで、息子が小遣いでフランス製のブルーチーズとフォアローゼスのハイボール(缶入り)を買ってくれました。

ブルーチーズは塩分が少なく、ちょうどカマンベールのような食感で、まろやかで臭みも無い食べやすい逸品でした。

ハイボールは甘みがあってなかなかうまい。
いつも1本1000円未満の安酒と、90円未満の炭酸で作っているので、缶入りながら、ちょっとリッチな気分です。

さらに妻が買っておいてくれた岡山の地ビールには「お父さまありがとう」だって。
こういうときに思いっきりポイント上げとこうとする家族達ではありますが、悪い気はしないもんです。黒ビールで味も上々でした。

こちらは頂き物ですが、清水の白桃ゼリーを食べました。これも岡山産ですが、食べごろのときに収穫して湯むきしたものだとか。ある意味、生を買って食べる以上に旬の一番美味しい状態をいただいているようで、贅沢な逸品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.16

ホルヘ・ルイス・サモラ ギターコンサート


6/10に新宿文化センターで行われたホルヘ・ルイス・サモラのリサイタルを聴きました。

前半はプログラムに予定には無かったブローウェルの組曲2番を加えて、オリシャスの祭礼、タンスマンのスクリャービン賛歌、メルツのハンガリー幻想曲という大曲揃い。抜群のテクニックで弾き切っていました。しかも、見た目に似合わず繊細な表現もあり、持ち前のパワーを表現の幅にも生かしているようでした。

後半は、ー転して南米のレパートリー。キューバ人だけあってリズムのキレがすばらしい。特に、マルティンのソンやパーカッション奏法を交えた民族的な曲(曲名わすれた)、フェリシダージが楽しめました。

アンコールは、まず、ブローウェル編のキューバの子守歌。子守歌らしく最後の1コーラスをピアニッシモで優しく演奏していたのが、アンコールらしい演出で好ましく感じました。
そしてもうー曲は、ファリャのスペイン舞曲をソロで!サモラの技巧を存分に発輝した編曲で、これもアンコールにふさわしい演奏でした。

一部の細かい所での弾きなおしや、速く弾けるのにスケールの終りが荒くなりやすい所がちょっと惜しいようにも思いましたが、震災以来久しく行っていなかったコンサートで、圧巻の演奏を堪能することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »