« 14Juillet Tokyo | トップページ | ラーメン我家 »

2011.02.05

佐藤弘和GGサロンコンサート

佐藤弘和さんのオール編曲物のコンサートをGGサロンで聴きました。
右は予告編の映像ですが、ここから予想された以上に楽しい演奏会でした。

コンサートの前半では、モーツァルトとベートーベンではテルツギターが古典の雅な雰囲気を出していたのが印象に残りました。「禁じられた遊び」も、ウケを狙ってちょっと弾いてみたい感じ。
後半はポピュラーもの中心で、その中でも坂本龍一の「エナジー・フロー」はギターのオリジナルに聞こえるように編曲したとおっしゃるとおり、ギターならでは奏法をふんだんに盛り込んだ好編曲で、私も弾いてみたいと思いました。「戦メリ」も良かったんですが、「村治さんが弾くということは、誰にでも弾けるようじゃいけない」編曲だけあって、私には難しすぎるかな。「素直な編曲と評された」日本の歌もなかなか凝った編曲だと思いましたし、実は現在練習中の「ティアーズ・イン・へブン」も参考になりました。

フレンドリーなトークを交じえた演奏で、いつもながらリラックスして聴けます。今回はさらに、「原曲と違うスタイルにはしない」というポリシ一や「原曲を超えることはできないが、いかにギターでそれに迫るかを考えている」などの編曲に対する考え方を聞くことができ、鮮やかな演奏をただ聴く以上の楽しみがありました。

|

« 14Juillet Tokyo | トップページ | ラーメン我家 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/50786276

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤弘和GGサロンコンサート:

« 14Juillet Tokyo | トップページ | ラーメン我家 »