« 年末に食べたちょっとおいしいもの | トップページ | 菅原潤メモリアルコンサート »

2011.01.15

3人のラグタイマー

新橋のレッドペッパーというライブハウスで「3人のラグタイマー」と題したライブを聴きました。

このうちの1人の三木雄生木さんがクラスタのフリーコンサートで隣に座っていたことで、ライブのご案内をいただいたところ、他の2人がオムニバスアルバム「アコースティック・ブレス」への参加がきっかけで知りあい、昨年の鬼塚さんのー時帰国時で共演してもらった浜田隆史さんと北村昌陽さんだったという、奇跡のような縁で駆けつけた次第。

トップバッターの三木さんはギタースクールの先生だけあって、かなりのテクニシャン。クラシックギタリストでもここまでコピーしないであろうというレべルで、ピアノのクラシックラグタイムを自編であざやかに聴かせてくれました。
2番手の北村さんはリズムの切れが抜群で、しかもソウルあふれる演奏。聴いていてウキウキしてきます。昨年のアコースティックミュージックフェスティバルからさらにパワーアップしていて、浜田さんの言う「誰よりも楽しそうにギターを弾く」スタイルが心に響きました。
そして御大、浜田さん。この方も迫力とエンターテイメントのワン・アンド・オンリ一の演奏を聴かせてくれます。変則チューニングを駆使しながら、クラシックラグのスタイルである転調も弾きこなす抜群のテクニックが素晴らしい。業界人に密かなファンを持つ名曲「PAブルース」も楽しませていただきました。(Mさんお誘いしなくてすみませんでした。)

いずれも、クラシックギタリストがややもすると置き去りにしがちな「聴かせる」演奏で、もっと多くの「ギタリスト」聴いてもらいたいと思ったコンサートでした。

|

« 年末に食べたちょっとおいしいもの | トップページ | 菅原潤メモリアルコンサート »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/50589662

この記事へのトラックバック一覧です: 3人のラグタイマー:

« 年末に食べたちょっとおいしいもの | トップページ | 菅原潤メモリアルコンサート »