« 3人のラグタイマー | トップページ | もうすぐパヴェル・シュタイドル »

2011.01.15

菅原潤メモリアルコンサート

Sugawaramemorial私のギターの恩人である故・菅原潤さんのメモリアルコンサートに行きました。

菅原さんゆかりの皆さんの演奏を懐かしい思いで聴きました。特に心に響いたのは、尾尻雅弘さんが弾かれた菅原さんの遺品であるコストの7弦ギター。後で思い出しましたが、私が菅原さんに最後に会ったオフで弾かれていたギターでした。キングギドラを別格にすると、一番のお気に入りのギターだったのでしょう。
藤井敬吾さんの羽衣伝説も、迫力の演奏で迫ってくる名演でした。ただし、私にはそれだけでなく、菅原さんに誘われて何度か行った現代ギターのサマースクールをの講師コンサートを懐かしく思い出させていただき、格別の思いで聴きました。
そして、驚くべきは山下和仁さんの出演でした。ソルのエチュード2曲でしたが、ギターを自在に動かしながら、音量・音色・緩急を変化させる、恐ろしいぐらい集中力の高い演奏です。最前列で聴いたせいかもしれませんが、山下さんの「音楽」は140席の小ホールのキャパシティを振り切ってしまっていて、何かとてつもなく大きなものが充満してホールから溢れ出している感覚。観客は物音一つ立てず、正に「息をするのも忘れて」聴いていました。
終演後は、リリースしたばかりの山下さんのソル集のCDを購入して、20数年ぶり3回目のサインをもらっちゃいました(^_^;)。さらに、打ち上げにおじゃまして、ここでもサマースクールの時のようなプロの方との懇談で、楽しい時間を過ごさせていただきました。
菅原さんに誘われて、コンサートに行ったり、そのまま打ち上げに行っちゃったり、サマースクールに行ったりしながらプロの方との知己を得て、業界に入り込むようにギターを楽しんでいた時期について、妻が「夢のような時間だった」と言っていましたが、この夜、天国の菅原さんがその「夢のような時間」をもう一度プレゼントしてくれたように思います。

|

« 3人のラグタイマー | トップページ | もうすぐパヴェル・シュタイドル »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

いい時間を過ごされましたね。いいなあ。
「夢のような時間」はその頃私も菅原さんにたくさんいただきました。本当にその通りでしたね。

藤井さんご自身の羽衣伝説、私もGGサマーで聴いたと思いますが、これも懐かしいですね。

山下和仁さんは最近なかなか表に出てくることが少なくなってしまいましたね。山下さんの過去のソル全集はかなり物議を醸したと記憶してますが、新しい録音ではまただいぶ変わったのでしょうね。私も新譜CD聴いて見ようと思います。

投稿: おでおん | 2011.01.16 18:26

おでおんさん

コンサートはとにかく楽しいものでしたが、菅原さんにもらったものと大きさと懐かしさを思い出しながらこのブログを書いていたら、ちょっと泣けてしまいました。
今回の山下さんの録音は菅原さんへ捧げられていることもあり、選曲も含めて穏やかな内容になっています。

投稿: NoRhy | 2011.01.16 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/50596099

この記事へのトラックバック一覧です: 菅原潤メモリアルコンサート:

« 3人のラグタイマー | トップページ | もうすぐパヴェル・シュタイドル »