« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.31

年末に食べたちょっとおいしいもの

クリスマスに妻が作ってくれたローストチキン。
皮もこんがりと焼き上がりました。

ケーキは、近くのパン屋さんでブッシュ・ド・ノエルというのを買って食べました。
中にも大きないちごが入っていて、卵たっぷりのスポンジがおいしかった。

世田谷の上馬でワインショップをやっている友人からもらったフランスのジャナスという赤ワイン。
さほど重くなく、フルーティーな味わいが良かった。
このお店は手頃な値段のおいしいワインを紹介してくれるのでお勧めです。通販もやってますよ。

今年最後は、妻が作ってくれた揚げたて海老天が乗った蕎麦で締めくくりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.17

インド料理 PANAS

先日のクラスタのときも近隣B級グルメ開拓チャンスということで、以前から気になっていたPANASに寄ってみました。
大抵のインド料理屋にはディナーでもプレートのセットがあるので「お一人様」の夕食にも優しいと思うのです。ここも例外ではなく、2種類のカレーとタンドリーチキン、ナンとターメリックライス、サラダ、ヨーグルトが付いたセットとインドのビールをいただきました。プレートは量が多くナンも大きく、これだけで満腹でコストパフォーマンスは抜群でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.10

クラスタ・ショートライブ

知り合いが出演するクラスタのショートライブを聴きました。ちょっと遅れて入ったので、奥の席で背後の至近距離から聴くことになりましたが、かえって皆さんの音楽をよく感じることができました。

最初は岡野さん。
ギターパティオのオフでいつも感じているのですが、弾き込んだ安定感のある演奏で安心して聴けるだけでなく、透き通った音色とコントロールされたダイナミクスで、歌が聞こえてくるようでした。

2人目は種谷さんです。
バッハ、ピポー、ポンセといった正統派クラシックという内容で、私自身が大衆受けを狙いすぎて忘れていたものを思い出させていただきました。しかも、次の週末にはコンクールに出られるということで、人前で弾くのが苦手な私としては、それだけで尊敬してしまいます。ご健闘をお祈りしています。

3人目の神谷さんはセンスの良い選曲を自然な表現で聴かせてくれました。お客さんのネットでのリクエストに合わせて、曲を変更する優しさも良かった。前回も思ったのですが、音楽の好みが近いようで、共感しながら聴きました。次はまたアコギも聴きたいです。

最後は村上さん。
私は村上さんが初心者の頃から知っていますが、ついにクラスタでライブやるようになったかと思うと何か感慨深いものがあります。
しかも、どの曲も丁寧に弾き込まれていて、曲への愛着を感じました。MCも上手で楽しく聴くことができました。

この日はジョン・レノンの命日。こんな日にギターがあるバーではやらなきゃいけない曲があるとばかリに、終演後は、神谷さんの歌うジョン・レノンとビートルズナンバーで盛り上がるおまけまで付いて、楽しく過ごさせていただいた夜でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラーメン長山

「フレッシュ・ギター・コンサート」のついでにラーメン店を開拓しようと付近を検索してみたところ、隣の鶯谷に標記のお店を発見。コンサートの前に行ってみることにしました。
最近はやりの魚介と醤油トンコツのダブルスープで、十分な濃さとパンチがあります。太麺と細麺が選べるのですが、このスープに合うと思われる太麺が良いです。少し薄いですが、油の乗ったチャーシューも悪くなく、650円は良心的な価格だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

フレッシュ・ギター・コンサート

アルトフィールド門下の若手による「フレッシュ・ギター・コンサート」を聴きました。

最初は山田大輔さん。
メカ二ックがしっかりしていて危なげなく、難曲も安心して聴くことができました。さらに、もう少し音色やダイナミクスの変化があれば、一層聴き栄えがするのではないかと思いました。

2人目はまだ高校1年生の秋田勇魚さん。
力の抜けたタッチながら美しい音で、難曲のアクアレル全3楽章を弾ききるなどテクニックは申し分ないと思われましたが、ちょっとしたつまずきから音楽の流れが淀んでしまうのが惜しい。緊張しながらも集中力を維持することができれば、相当高いレべルの奏者になると思われ、将来が楽しみだと思いました。

最後は、最近の各コンクールで優勝を含む上位に名を連ねている小暮浩史さんですが、クラシックギターは何と19歳からというから驚きです。まず、演奏のスケールが大きい。これは師匠ゆずりの美点なのではないでしょうか。まだ若いので、細部はこれからの研鑚で整っていくでしょうが、今持っている音楽のスケールを失なわないで欲しいなあとも思います。

弾かれた曲の難易度からも、日本の若手のさらに言えば高田門下のレベルの高さを感じることができました。こういう若い演奏家をリーズナブルな入場料で聴かせるコンサートも良いものだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »