« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.26

アナ・ヴィドヴィッチ ギター・リサイタル

Ana_0001こう見えても最近忙しく、平日のコンサートはその日にならないと行けるかどうか分からないのですが、会場の磯子区民文化センター杉田劇場に電話してみたら席があるということだったので、意を決して行くことにしました。これが大正解で、彼女の演奏はYouTubeでも良く見かけますが、やはり実際に聴いてみないと分からない良さを感じることができました。
ヴィドヴィッチのテクニックは強靭で、スケールの切れや発音の明瞭さは素晴らしいのですが、それを誇示することもなく、すべてを音楽表現のために使っていると感じられました。特に高度なコントロールでの弱音の美しさが際立っており、メロディを歌わせるのに役立っているようでした。これは武満編曲の4つの歌で特に効果的で、曲の難しさをまったく感じさせない純粋にな美しさに魅了されました。この美点はバッハのような曲でも発揮され、バル工コゆずりの緻密な演奏に趣味のよい低音が加えられて、リュート4はこれまで聴いた中でも屈指の演奏でした。
その他のプログラムも、全体に名曲アルバ厶的なものながら、細部の表現が行き届いていて安心して飽きることなく聴くことができました。特にトレモロは美しく、「最後のトレモロ」は自分でも弾いてみたくなってしまいました。ちょと遠かったけど、310席のホールは広さも音響もギターに最適だったし、CD買ってサインもらって、握手までしてもらっちゃって(*^_^*)、堪能させていただきました。次回は、斬新な編曲物や現代の作品も聴いてみたいと思いました。
日本ツアーもこれからですが、まだ聴いたことがない方には絶対お勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.07

といぼっくす ライブ[Garbage Collection]

高田元太郎さんが参加しているアコースティックバンド「といぼっくす」のライブを吉祥寺のスターパインズカフェで聴きました。

前半は映画音楽集。昨年聴き逃したプログラムを聴くことができてラッキーでした。特にゴジラはジャストミート世代なので楽しく聴きました。CD化希望します。>磯田さん

後半はボーカルが入ってきて、ライブハウスでの演奏らしくバンド感も高まります。啼鵬さんのジャズピアノも素晴らしかった。そして、アンコール的にファイアークラッカーが演奏されました。これまた高校の頃によく聴いたYMOの曲で、アコースティックYMOは、アルバムまるごとコピーというコンセプトも含めて一番気にいっているといぼっくすのアルバムなので、ご機嫌な終演となりました。

日ごろエレクトリックな音源で聴いている音楽を名クラシック奏者達による演奏で聴く贅沢。たとえて言えば、我々のまわりにあふれている音楽はサンプリングや打ち込みという化学調味料を使った料理で、といぼっくすはそれらをアコースティック楽器という天然素材を用い、弦を弾き息で吹くという手間をかけた料理をふるまってくれたのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.02

オフピークランチ

このところ忙しさのあまり、昼ごはんが思いっきりずれてしまうことが間々あるのですが、こういう時はカレーハウスやラーメン屋に行くチャンスです。
先日、いつも並んでいて食べる機会を逸していた丸の内のブリックスクエアにできた一風堂に行ってみました。豚骨と細麺の典型的な博多ラーメンですが、マー油、唐辛子のタレ、そして炒めたたまねぎの甘みが絡み合って、このお店のレベルの高さを再認識しました。博多ラーメン系では一番ではないかと思っています。

こちらは、イトシアにある「東京カレー屋名店会」で食べたエチオピアとトプカのセットです。
エチオピアのスパイスが効いた辛さとトプカの刺激的な辛さが対照的です。どちらも本店に行ってみたいと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »