« レストラン「群青」 | トップページ | 佐藤弘和ギター作品展vol.5 »

2010.08.30

ギターパティオ2010年夏オフ

恒例のギターパティオのオフに参加しました。
今回の個人的テーマは

・1人ロック・プロジェクトの継続
・フレデリック・ハンド・プロジェクトで響きのかっこいい曲に挑戦
・手が動くうち以前に敗北した曲にリベンジ

でした。

ロック・プロジェクトはネットで売っていたクイーンの「プレイ・ザ・ゲーム」。まずまずの内容と思ったので、編曲者に動画レスポンスしたら、早速コメントをいただきました。

ハンド・プロジェクトはニューエイジっぽい響きの「アバウト・タイム」。だいぶ嘘弾きましたが、止まらなかったので記念アップです。

15年ぶりのリベンジとなったのはクレンジャンスの「力プリス形式のアラべスク」です。チケットを買って知りましたが、なんとデビッド・ラッセルの11月のプログラムに載ってました。図らずも巨匠に挑戦シリーズになってしまいました。これも苦しい演奏でしたが、これも記念アップします。

今回のオフでは新しい腕の立つメンバーもいらして、タンスマンのスクリャービン、テデスコのボッケリーニ賛歌、アルカスの椿姫、プホールのラプラタなどが並ぶ重厚なプログラムとなり、聴く方も大いに楽しむことができました。

|

« レストラン「群青」 | トップページ | 佐藤弘和ギター作品展vol.5 »

演奏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/49298241

この記事へのトラックバック一覧です: ギターパティオ2010年夏オフ:

« レストラン「群青」 | トップページ | 佐藤弘和ギター作品展vol.5 »