« 最近食べたもの | トップページ | 3/9 Toshi Onizuka at Star Pine's Cafe 予約開始! »

2010.01.30

魅惑のアルゼンチン・タンゴ&フォルクローレ

1月29日(金)に行われた文京シビックホールアリ工ル・アッセルボーンさんとトリアングロのコンサートを聴きました。

まずは腹ごしらえに近くのダージリンというインド料理屋でチキンティッカの付いたホウレン草と海老のカレー(サグプローンになるんでしょうか)を頂きました。サグながらスパイシーなカレーで、以後このあたりで食事をするならここかなと思いました。

アリ工ルさんの声の美しさはア一ト・ガーファンクルを髣髴とさせ、歌の表現力の大きさを感じました。クラシカルなテク二ックのギターを弾きながら美しい声で歌われるフォルクローレ(=フォーク)というスタイルはアルゼンチンの長谷川きよしといった所でしょうか。
トリアングロは前回日暮里で聴いてから場を重ねたようで、さらにアンサンブルのまとまりも良く安心して聴けました。まったく違う3つの種類の楽器のアンサンブルは音楽の幅が広がる感じがしてそれだけで楽しいですが、もっとバリ工ーションが広がる可能性もあると思いました。たとえばジャズバンドでソロをとるように、個々の楽器がさらに際立つ場面があったりするともっと面白くなるのではと想像します。

終演後は打上げにもおじゃましました。まず、師匠のいきなりのご指名で2人の高田門下生がさすがの演奏。
それから、アリエルさんの歌に感銘を受けた少年(映画「おくりびと」に主演の子役で出た子だと!)が、自分のチェロを聴いて欲しいと演奏。少年はバッハ無伴奏チェロ1のプレリュードを立派に弾きました。ブラボー!それに応えてアリエルさんの弾き語り。身近にアリエルさんの生声を聴く贅沢。さらに、歌に合わせて少年の師匠が即興でチェロを弾くというレベルの高い貴重なセッションまで聴くことができました。

改めて音楽って素晴らしいと感じた一夜でありました。

|

« 最近食べたもの | トップページ | 3/9 Toshi Onizuka at Star Pine's Cafe 予約開始! »

グルメ」カテゴリの記事

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/47433356

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑のアルゼンチン・タンゴ&フォルクローレ:

« 最近食べたもの | トップページ | 3/9 Toshi Onizuka at Star Pine's Cafe 予約開始! »