« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.29

蕎麦いろいろ

今月は図らずも蕎麦月間となりました。

Ts370266まずは、深大寺の深水庵の天ざる。
休日はいつも込んでいる深大寺の蕎麦やの中では、比較的空いている入りやすいお店のわりに、手打ちのしっかりした蕎麦がいただけます。蕎麦の量が比較的多めで、天ぷらの品数も多く満足感があります。

Ts370273Ts370272同じく深大寺の湧水。以前はここばかり行っていたぐらい気に入っているお店ですが、評判がいいのかだんだん行列ができるようになってしまったので、深水庵に行くことが多くなっていました。先日は、雨のせいかちょうど行列がなかったので入りました。ここの蕎麦は上品です。腰のある蕎麦にこだわりが感じられます。
今回初めて妻と子が暖かい蕎麦を食べました。山菜蕎麦ときつね蕎麦ですが、きつねの油揚げがどんぶり一面を覆っており、インパクトもありおいしそうでした。

Ts370268Ts370269そして、なんといっても数年ぶりに行った町田のときわは美味しかった。ここは私が知っている範囲で一番おいしいお蕎麦屋さんだと思います。挽きたての蕎麦粉を使った打ちたての蕎麦の茹でたてを濃いつゆで食べるのは最高です。
十数年前に鬼塚さんと毎週のように行っていた時と同じように、「ときわ」のおじさんはにこやかに迎えてくれました。その「ときわ」に妻と2人の子供や友人達と連れ立っていくというのは、感慨深いものがあります。写真は私が食べた天ざると妻が食べたとろろそば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.25

NOWADAYS/吉田美奈子&渡辺香津美

歌のギターのデュオはタック&パティ、フライド・プライドなど魅力的なユニットがありますが、今回、女性ボーカリストとしては一番好きな一人である吉田美奈子さんとわれらが渡辺香津美さんのデュオが出ていることに気づき、タワーレコードで即買いしました。しかも、イン・ストア・ライブ後のサイン会参加券付き!

Ts370271ということで、11/22に休日出勤(;_;)の帰りに寄ってきました。
当日はなかなかの人出。CDも良いですが、吉田さんの腹に響くボーカルはやはり生に限ります。渡辺さんのギターもCD以上に生き生きと聞こえます。気さくなステージトークと共に堪能させていただきました。

サインもらって握手もしてもらって、すっかりミーハー気分で帰路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

Edin Karamazov/The Lute is a Song


スティングと彼のアルバム「ラビリンス」で共演しているリューテニスト、エディン・カラマーゾフの一風変わったアルバムです。アマゾンでは国内版しか出てきませんでしたが、一応商品リンク貼っておきます。

リュートではおおよそ弾かれない曲が並んでいます。スティングとの共演でもそうでしたが、オーソドックなリュートよりは、こういう選曲がアグレッシブな演奏をするこの人には合っているのでしょう。
ブローウェルの「ルンバのあるキューバの風景」やスティングのゲスト参加も面白いですが、特に、ドメニコーニのコユンババが珍しいです。
まるで中国琵琶のようで、ギターとは違った響きが楽しめます。これはこれでリュートに合っているのではないでしょうか。

YouTubeにも一部の動画がありました。

バッハも普通ではありません。トッカータとフーガが弾かれます。YouTubeでも情熱的な演奏を見ることができます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.11.16

ギターパティオ2008秋オフ


ギターパティオのオフに参加しました。前回1回休んだだけなのですが、なにか久々の感覚です。
最近は、参加者が増えているのとYouTubeネタにしたい気持ちがあるのとで、かえって緊張しました。

まず、YouTube方面で受けが良い「Bohemian Rhapsody」に続くクイーン第2弾で「We Are The Champions」です。
最後の方でちょっと苦しい部分がありますが、チョーキングがうまくいったのでまあいいかと。

次は、ジャンゴ・ラインハルトの「Nuages」。これは前に弾いたことがある好きな曲&アレンジなのですが、あまり納得いく演奏ではなかったのと、そもそもビデオ素材が無かったので、改めて弾きました。聞きなおしてみるとフレーズの最後のほうが走り気味なのがわかりますが、破綻してないのでこれも良しとしました。

最後は、問題のピアソラの5つの小品から「Campero」です。
途中で最初から弾きなおすという暴挙にでた上に、救急車のサイレンは聞こえるし、細かい間違いが多いしで、次回リベンジしてからとも思いましたが、それもまあ現実であるということで、記録映像としてアップしちゃいました。これはそのうち消すかも。

なんだかんだで皆さんまじめに弾いていて、楽しく聴き、弾かせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.08

Toshi Onizuka ラテンジャズソロギターライブ

友人のToshi Onizukaの国分寺クラスタでのライブに行ってまいりました。

良い意味でアメリカナイズされたのか、以前よりジャジーなコードがふんだんに使われ、リズムも切れだけでなくタメも効いていました。彼もギターを叩くのですが、まったく外連味がなく、フラメンコのテクニックに裏打ちされた正統派の叩きという感じ。夜毎のライブで鍛えられたのか、程好いステージトークも慣れた感じで楽しく聴くことができました。惜しむらくはもう少しお客さんを呼びたかった。

これなかった方のために、早くも彼のYouTubeチャネルにアップされているナイスアレンジのベンサメ・ムーチョをご紹介し、CD「Voy Con Fusion」もお勧めしておきます。

こちらはクラスタのライブレポートです。
マスターにも気に入っていただけたようです。

このブログを見てご来場いただいた方も楽しんでいただけたようで、紹介し続けた甲斐がありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »