« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.28

Voy Con Fusion/Toshi Onizuka

片言のスペイン語と僅かな滞在費をもって、彼が単身スペインに渡るのを見送った日から早十数年。スペインで鍛えた正確なコンパスと強靭なリズム、その後渡った米国での夜毎のギグでさらに練り上げられた彼独自の奏法がこの「Voy Con Fusion」に見事に結実しています。音楽的にもフラメンコ、ジャズ、ロック、ヒップホップという素材をナイロン弦ギターで料理したいわば「音楽のシチュー」ともいうべきもので、こだわりをもって長い時間をかけただけあり完成度の高いアルバムです。

鬼塚さんはナイロン弦ギター、ウード、エレクトリックギターを弾いており、打ち込みとパルマも本人の演奏ですが、参加メンバーの豪華さも聴き所です。
#7「Tango De La Tormenta」には、ウエザーリポートのドラマーPeter Erskineの甥でバークレイ音楽院を優秀な成績で卒業した凄腕ベーシストDamian Erskineが参加。#11「Shin Gi Tai」には同ベーシストと2007年のノースウエスト・ベスト・サックスプレイヤーに選ばれたRenato Carantoが参加しています。
その他の曲でも、#6「Blue Bossa」は有名なボサノバ曲をガーナ出身の2人のパーカッショニストとともに12分の8拍子のポリリズムでカバー。#9「Never Mind」はオレゴンのラッパーJay Mackとともに試みたヒップ・ホップとの融合で、後半の掛け合いでは素晴らしいグルーブ感を楽しむことができます。
また、#10「Laura」はスペイン時代の作品で、彼自身の音楽の原点を見つめなおしています。

超絶技巧を駆使したソロ演奏も魅力的なのですが、CDでは、ソロ演奏で出し切れない音を残すよりは、彼のこだわりが音楽の完成度を選んだと想像しています。
ライブではソロとなりますが、それぞれの良さを楽しむことができるとも言えるでしょう。
クラスタ現代ギターショップCDBABYで購入できます。Yahoo Musicでダウンロード購入することもできるようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.10.13

押尾コータロー/アコーステックギターコンサート’08

Ts370261せっかく近所で行われるので、聴きに行きました。

サウンドシステムの良さもあるのでしょうが、リズミカルな曲はまるでホーンセクションが聞こえてくるように錯覚するような分厚い音で圧巻でした。バンド演奏のようなノリの良さは、バックビートと絶妙のシンコペーションをしっかりたタイム感覚が支ているために出ていることを感じます。
また、エド・ガーハード的なスローバラードも美しく、コンサートにメリハリを与えています。スローな曲でもビートが感じられます。
「戦場のメリークリスマス」はさすがの演奏。ライブならではの緊張感とともに、メジャーデビューCDの演奏からすると細かい部分にいい音が入るなど少し変わっていて、この日一番の演奏でした。

Ts370260メジャデビューの最初の頃はCDやら楽譜やら買っていたのですが、同じような曲が多いようにも思われ、最近は買わなくなっていました。しかし、ライブはやはり凄かった。「1本のギターで無理してやるべきなのか」と思うこともありましたが、聴き終わると「ここまでやれるのならギター1本で十分じゃないか」という感覚に変わりました。ある意味「ギターインストのJ-POP」なんですが、これだけ楽しめちゃうんだから、クラシックギターの演奏会のあり方も少し考えなくてはならないかも。
「行ってくれば」と言ってくれた妻に感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.11

Toshi Onizuka(鬼塚仁志)緊急ライブ決定!

Playing8日に府中で仕事があり、ちょうど国分寺クラスタの「とびいりフリーコンサート」でしたのでToshiさんを誘って参加しました。

Toshiさんはオリジナルの3曲タンゴ・デ・ラ・トルメンタ、ウナカルタ・デ・アモール、コスタ・デル・ソルを弾いてくれました。
フラメンコベースの強靭なリズムをベースに、フラットピックを持ちながら弾くラスゲアード、ゴルペ、そしてピックでクラシックギターと同じアルペジオを入れたのトレモロを駆使した演奏で、普通のクラシックギターを弾かれるお客さん達からも喝采を浴びていました。

そこで、急遽クラスタでのライブが決まりました。

鬼塚仁志(Toshi Onizuka)ラテンジャズソロギターライブ

11月2日(日)19:30~

国分寺クラスタ

チャージ2000円

皆さん、彼の音楽を是非聴きに来てください。
CDの即売もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

高田元太郎デビュー20周年リサイタル

674ea64f1b6e2715c586a50439486329高田元太郎さんのデビュー20周年リサイタルを聴きました。

Ts370255たまたま、アメリカ在住のギタリストの友人であるToshi(鬼塚仁志)さんがー時帰国中でしたので、彼を誘って、小川町のつじ田でラーメンを食べてからの参加です。ラーメン好きのToshiさんに是非味わっていただきたかった豚骨魚介(鶏も入ってる感じ)のスープは、やはり好評でした。

リサイタルは20年の集大成という内容。GGサロンは小さいホールなのに、後ろで聴くと思ったほど聞こえないことがあるのですが、今井ギタ一としっかりとしたタッチのおかげで、間近で聴いているようでした。
演目では、特にシューべルトが高田さんのよく歌う演奏スタイルとよく響くギターに合っていたように思います。ビートルズはロックの風味が生きているサージェント・ペパーズが好きだったかな。ピアソラもいつもどおりパワフルで聴き応えがありましたが、これまであまリにもたくさん聴いてきたせいか、高田さんの抜群のテク二ックを駆使した力チッとした演奏も聴いてみたい気がしてきました。まあ、そういうスタイルはバルエコあたりにでも任せておけばよいのかも知れませんけど。

終演後は打上げにも参加させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »