« 雨模様の花火大会 | トップページ | カヴァティナ/上松美香 »

2008.09.10

マイケル・マンリング

Acoustic Guitar Magazineが「拡散するマイケル・ヘッジスの魂」という記事で、マイケル・ヘッジスのフォロワーの特集をやっていました。

ギタリストのインデックスとして良さそうなので買ってみたところ、多くの興味深いギタリストが出てきているのを知りましたが、その中でベーシストながらマイケル・マンリングが紹介されていました。1984年のマイケル・ヘッジスの初来日に帯同して競演していた彼をヤマハホールで見て、アコースティンクギターと良くマッチするフレットレスベースの音と強靭なテクニックに感動したのを覚えています。

YouTubeで探してみたら、プライベート・コンサートのかぶりつき映像がアップされていたので、再生リストにしてみました。特に演奏中にチューニングを変えられるHyperbassを駆使した"The Enormous Room"が素晴らしいです。だいぶ老けたようにも見えますが、テクニックは健在でうれしい限りです。
彼はインタビューで「マイケル・ヘッジスになりたかった」というような話をしていたと記憶していますが、あらゆるヘッジス・フォロワーの中でも、その長い共演歴も含めて、一番ヘッジスの魂を受け継いでいる人なのかもしれません。

<追記>
32年ぶりにライブで見たので、持っているCDのリンクも付けました。
このCDは彼がベースソロをとことん追求したもの。

おすすめのエノーマス・ルーム収録アルバムはこちら。

|

« 雨模様の花火大会 | トップページ | カヴァティナ/上松美香 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ネット動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・マンリング:

« 雨模様の花火大会 | トップページ | カヴァティナ/上松美香 »