« ターリー屋(インド料理) | トップページ | スラバヤ(インドネシア料理) »

2008.05.01

バッハ/リュート組曲第2番

YouTube猿となっている今日この頃ですが、またも過去の演奏で、最近アップしたものの中からバッハのBWV997です。

一度、バッハのフーガを含む組曲を通して演奏してみたいと思っていました。これを2001年の春と夏の2回のオフで(分けてるところが根性なしですが)、試みたものです。どうにか止まらず弾いていますが、いっぱいいっぱいという感じです。まあ、記念写真みたいなものということで。
4つの動画を再生リストにしてみました。

|

« ターリー屋(インド料理) | トップページ | スラバヤ(インドネシア料理) »

ネット動画 」カテゴリの記事

演奏」カテゴリの記事

コメント

2番はフーガが難しくて、演奏するのをあきらめています。難易度の高い曲にもかかわらず、強いタッチで曲の流れもよく、正統な演奏の中にも独自の解釈も感じさせる演奏でした。これからもパソコンで何度も聴かせていただこうと思いました。

投稿: マサト | 2008.12.29 11:01

マサトさん
コメントありがとうございます。
確かに解釈も含めてこだわりはあり、何がしか感じていただけて嬉しいです。
つたない演奏ですが、他にもアップしていますので、ぜひご感想をお聞かせください。

投稿: NoRhy | 2008.12.29 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/41035847

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ/リュート組曲第2番:

« ターリー屋(インド料理) | トップページ | スラバヤ(インドネシア料理) »