« NAUDO | トップページ | 工グべルト・ジスモンチ ソロコンサート »

2007.08.18

James Kline

変わった11弦ギターです。
19世紀ギターのようなデザインですが、こういう番外弦を持ったギターは見たことない。。。ですよね。>多弦ギターな皆様
で、私の好きなキース・ジャレットのケルン・コンサート弾いているのです。

正直、演奏自体は「Sometime Ago」でのバルエコの方が好きですし、そもそも何故そこまでしてこのギターで弾かなくてはならないのか?という疑問が沸いて、キース・ジャレット本人の演奏に回帰しそうになります。
しかし、「ギターだ~いすき」な私は、やはり暖かいギターの音でこの曲を聞かせてくれるバルエコの演奏が一番だと思うし、この人の挑戦も素晴らしいと思うので、日記に書いておくのでした。

|

« NAUDO | トップページ | 工グべルト・ジスモンチ ソロコンサート »

ネット動画 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/16151422

この記事へのトラックバック一覧です: James Kline:

« NAUDO | トップページ | 工グべルト・ジスモンチ ソロコンサート »