« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.31

久留米でグルメ

またもや友人の某ギタリストに触発されたかのようなエントリー。ホントに偶然なんですよ。
昨日、福岡の久留米へ出張し、「鳥喜」という郷土料理のお店で珍しくも美味しいものをいただいてまいりました。

Ts370057・えつ
5~7月に産卵のために筑後川を上ってくる魚とのこと。骨が多いのでたたいてねぎ、おおば(だったっけ?)とまぜて酢味噌でいただきます。こちらでは初夏を感じる食物だとか。
調理前↓
Ts370056

Ts370059・穴じゃこ
有明海のどろの中に住むしゃこだそうです。
衣を付けてまるごと揚げると頭から食べられます。
からは柔らかくソフトシェルクラブのよう。味はカニに近く、頭の部分にはミソまで入っています。
名づけて「かにの盆栽」。これが一番気に入りました。


Ts370058・あげまき貝
マテガイ科の細長いカラの二枚貝です。
特徴的な2本の長い角(水管)が人の足に見えることから、人形貝とも言うそうな。
焼いたものをいただきましたが、二枚貝にしては身が分厚くて、プリプリとした食感が良かったです。


Ts370060・わらすぼ
日本では有明海にだけいる魚で、大きな歯のある顔がまるでエイリアンの最初の形(胸から出てくるアレ)のようです。
テーブルに置いてある写真が元の魚ですが、水分が多く、干物にすると身がほとんど身がほとんど無くなってしまいます。
香ばしく美味。たくさん食べると鼻血出ちゃうとか。


Ts370068・川たけのり
ゼリーのようなプチプチした食感が美味な、さっぱりとしたのりです。食べごろになると「食べてください」とばかりに浮いてくるとか言ってたかな。


・むつごろう
これはかわいそうで食べませんでしたが、生きているのを見たのは初めてです。
Ts370067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.26

最近食べたラーメン

3月から今まで食べたラーメンを記録しておきます。

一幸舎 京都拉麺小路店
3月に出張したとき食べました。安心して食べられる正統派博多ラーメンです。しかし、最近はもっとインパクトのあるラーメンが好きかなあ。

らーめんダイニング ど・みそ
4月に京橋方面に外出したときに2回食べました。みそラーメンはあまり食べませんが、ここは背脂とのハーモニーが良いです。チャーシューもおいしいので、両方入る「特みそこってりらーめん」がおすすめ。

いちや江古田店
以前お台場のラーメン国技館で食べたとき、がんこラーメンに近い感じが気に入っていました。今回は普通のこってりを食べ久しぶりにがんこ系を堪能しましたが、満足度は前ほどではなかったように思います。揚ネギを入れなかったせいだろうか。

康竜 銀座店
時々行く博多ラーメン店。濃い目のスープに麺をかためで頼みます。オーソドックスな博多ラーメンが楽しめます。

たけちゃんにぼしラーメン
しょうゆ平打ち麺を食べました。とんこつに慣れるとちょっとインパクト不足と感じますが、店の名前どおり和風のダシ正統派で、これはこれでよいです。とろけるチャーシューもうまい。今度は塩チャーシューが食べたい。

| | トラックバック (0)

2007.05.05

熊谷俊之&藪田建吾ジョイント・リサイタル

Ts370052友人のギタリスト高田元太郎さんが主催する「アルトフィールドコンサートシリーズ」第1回の熊谷俊之&藪田建吾ジョイント・リサイタルを聞きに行きました。
前半の熊谷さんは師匠ゆずりのテク二ックと脱力で安定した演奏を聞かせてくれました。しかも、テク二ックの発揮が音楽のために無理がなく行われていて、22歳(!)とは思えない表現力を感じました。
後半の藪田さんも重厚なヒナステラから、ポピュラーな曲まで、こちらも素晴らしいテク二ックがさリげなく南米テイストに溶け込んでいる感じで、楽しませていただきました。「札幌の曲」は40代にもかかわらずがわかりませんでしたが、そのくらい自然な好編曲だったのではないでしょうか。
最後は、美しくも難しい二重奏「タンゴ組曲」でしたが、ソロ以上のテク二ックの冴えで難易度をまったく感じさせずビート感あふれた演奏で、日本人による演奏としては、これまで聞いた中で最高のものであったと思います。
終演後は打ち上げ乱入で、これまた楽しく飲ませていただきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »