« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.25

最近食べたラーメン

最近食べたラーメンを書いておこうと思います。

少し前ですが、会社の忘年会の帰りにお台場のラーメン国技館「大大」というラーメンを食べました。
第4期ということで、以前行ったときから店が入れ替わっており、どこで食べるか迷いましたが、比較的好きな「せたが屋」をやっている方がプロデュースする魚介豚骨醤油ということで期待してここにしました。感想はまずまずといったところ。スープはくどくなく好みでしたが、細麺にあまりグッとくるものがなかったのが惜しい感じがしました。

次に品川駅のガード下、品達です。品達は2度ほど行っているので、今回は食べたことがない「蔵六」にしました。
このお店で特筆すべきはチャーシュー。私は柔らかくほぐれるタイプが好きで、ここのは脂身の層が見えていて、好きではないタイプかなと思ったのですが、これがトロっとしていてうまい!スープも濃いめの豚骨醤油で好きな味でした。私の場合、細麺は評価が辛くなるようなのですが、ここも細麺で、可もなく不可もないレベルといった印象でした。

最後は京都です。出張のついでに京都駅ビルにある京都拉麺小路に行き、せっかく機会なので地元の「宝屋」を選びました。いくら好きでもここまできて桂花も無いだろうし。
Takaraya_1 ここで、たまのことなのでフンパツしてトロ肉チャーシューメンを食べました。ちょうど毎月1日・11日・21日の「めんの日」にあたり、半熟卵がサービスで入りました。ラッキー!肝心のお味は、豚骨ながら京都らしくやや薄味、トロ肉チャーシューも上品で美味しいですが、細麺とともに、癖のあるラーメンを食べつけてしまった私にとってはややパンチが欲しい感が残りました。次に出かけたときには他のお店も行ってみたい。いちお写真を載せておきます。携帯で撮ったせいかぼけちゃってますが。

|

2006.12.23

アメリカへ行きたいか~Toshi Onizuka回想録

Images鬼塚くんのことですから、アメリカがすんなり入れてくれるわけがありません。入国に際してもしっかりエピソードを残してくれました。
日本のパスポートを持っているのに、英語がまったく話せないのにスペイン語が異様にうまい滞在日程のあいまいな東洋人をイミグレーションがすんなり通すわけがありません。今だったら、有無を言わさず国外退去の仕打ちに会うことが想像されますが、比較的治安、政情が安定していた1997年であっても、しっかり怪しまれて別室に通されたようです。

しかし、いつも必ず助けてくれる人が現れるのもまた、彼の凄いところです。イミグレーションにスペイン語が話せる係官がいて、鬼塚自身は人なつこく正直なので、その係官とスペインの話で盛り上がってしまい、すっかり打ち解けたそうです。そして、「好きな彼女にいてもたってもいられず会いにきて、きっと結婚するであろう」ことを話すと、係官は「こいつは大丈夫だ」と他の人たちに言ってくれたそうで、彼女(=現在の奥さん)も迎えに来て事なきを得たということでした。(一部脚色あり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

アルトフィールドファーストコンサート

昨日、家族であんどれかんどれした後、GGサロンで行われた高田元太郎さんの門下生のコンサートに出かけました。

山崎拓郎、田島尚、安藤公美、熊谷俊之、服部文厚、足立江美子(敬称略)の6名による演奏で、ジョイントだけに皆さん攻めていて、ソロリサイタルにはない楽しみがありました。久しぶりのコンサートを楽しませて頂いた上に、コンサート後の打ち上げにも乱入。ギター関係者と飲むのは楽しい。

あんどれかんどれは角煮ラーメンを中太麺で食べました。細麺も良いがこれも良い。角煮とオーソドックスな醤油スープが良く合う普通においしいラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »