« スペイン時代のエピソード~Toshi Onizuka回想録 | トップページ | マヌエル・バルエコ »

2006.07.31

エアリアル・バンダリーズ

マイケル・ヘッジスです。やはり、この人は紹介せざるを得ません。

私は彼の演奏を生で3回見ることができました。

最初に見たのは1984年銀座ヤマハホールでの「ウインダムヒルの夕べ」とかいう3組のジョイントコンサートで、これが彼の初来日でした。実はウイリアム・アッカーマンが見たくてチケットを買っており、マイケル・ヘッジスはまったく知りませんでした。
ところが、アッカーマンは何かの都合で来日できなくなり、代わりにピアニストが弾くとのこと(結局今日まで生でアッカーマンは聞いてない)。まあ、もう一人ギタリストが弾くからいいかと思って、何の予備知識も無いままコンサートに行ったところ、衝撃を受けて帰ってきたわけです。
この時は、ヘッジスのサポートとして、これまた名ベーシストのマイク・マンリングが参加し、素晴らしいデュオも聞くことができました。アンコールで初めて彼は歌いました。十八番(というのは後で分かりましたが)であるビートルズの「Come Together」を素晴らしい歌唱力で歌い、「歌まで上手いんだ。。。」と完全にノックアウトされたのをよく覚えています。翌日、大学生協で当時出ていたレコード2枚(当時はCDは無かった)を取り寄せました。

次は1986年の有楽町マリオンの朝日ホールでの、シャドウファクスというバンドとのジョイントです。今は印象が薄くなっているので、最初ほどのインパクトは感じなかったようですが、それでも貴重な生ヘッジスでした。

最後は1991年の新宿ルミネACTホールでした。
この時はワンマンショーでしたが、音響も含めた機材も充実していて、良かったように記憶しています。プログラムはボーカルでタカミネに持ち替えたりしていることからも、BSで放送された同時期のボトムラインでのライブとほぼ同じであったと推測されます。時々特集のグラビアなどで見ることができるエレクトリック・ハープギターの演奏を、この時初めて聴くことができました。「エアリアル・バンダリーズ」もこれで弾いていたように記憶しています。また、タップルートに入っているようなトランストレムを利用した曲も弾いていました。
ちなみに、BSボトムラインライブの冒頭で「エレクトリック・ハープギターも弾くよ」みたいなことを言っているのに、放送では流れませんでしたが、演奏映像はどこかに残っているんじゃないでしょうか。エレクトリック・ハープギターの演奏映像はまだ見かけたことが無いので、もう一度見てみたいものです。
当時のルミネホールはアルコールや食事ありで、そういう意味でもリラックスして楽しめたと記憶しています。v
YouTubeのおかげで貴重な動画を見ることができます。
これは、亡くなった年の演奏と思われる映像。ベストテイクと言える内容です。中間部分にレコードに無いアドリブ的セクションがあり、なかなか良かったので、耳(目?)コピして、サマースクールで密かに弾きました。

|

« スペイン時代のエピソード~Toshi Onizuka回想録 | トップページ | マヌエル・バルエコ »

ネット動画 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13862/11099827

この記事へのトラックバック一覧です: エアリアル・バンダリーズ:

« スペイン時代のエピソード~Toshi Onizuka回想録 | トップページ | マヌエル・バルエコ »