2017.04.09

無人島に持っていく10のギター曲

先日、マイケル・マンリングのライブCDを特典としていただいたときに、この曲は無人島に行くときに持っていく曲のひとつだなあと思ったのをきっかけに、もって行く10曲を選んでみることを思いつきました。

1.Michael HedgesのAirial Boundaries

この曲はアコースティックギター曲の金字塔ですね。初来日で聴いてからずーと好きでした。フォロワーは多いし、このジャンルは全体も好きなのですが、いまだにこの曲を超える曲に出会ったことがありません。ナイロン弦で弾いてみたこともありますが、やはり本人の演奏がいいですね。



2.Manuel BarruecoによるBach リュート組曲2番

バッハは1曲入れたい。全集なら先日来日したガジェンのCDがいいですが、やはり「バルエコショック」と言われた初来日を知る身としてはバルエコで1曲入れたい。その時の最初に演奏されたこの曲は、数多あるこの曲の録音の中で、音色、装飾、歌い回しのすべてがいまだにベストだと思います。以前自分でも弾きましたが、今は無理だなあ。本人の演奏動画も見当たりませんが、Spotifyで聴けるようですね。


3.山下和仁によるMussorgskyの展覧会の絵

山下とその金字塔ははずせない。曲自体が好きですが、このギター版がピアノや管弦楽による演奏と比べても、1台で色彩感を表現しきっているという点でギター万歳という感じです。キエフの大門までくると感慨深い気持ちになります。


4.DyensによるDjango ReinhardtのNuages

この曲自体が好きなだけでなく、この編曲はコード付け・構成・アドリブ的な展開すべてが秀逸で、最高のジャズ独奏曲になっていると思います。Dyensは昨年惜しくも亡くなりましたが、この曲は折に触れ弾いていきたいと思います。


5.Yamandu CostaのEl Negro del Blanco

こちらも最近見た興奮からかもしれませんが、優しき怪物Ymanduの演奏も1曲入れたい。モンターニャのコロンビア組曲も好きなのですが、先日のコンサートで最後に弾かれた、南米の海と風の香りがするオリジナル曲にしました。唯一、曲より人優先で選んだので、もっといろいろ聴きこむと曲が差し替わることもありそうです。



6.押尾コータローによる坂本龍一のMerry Christmas Mr.Lawrence

戦メリは昔から好きで、自分でも編曲して弾きましたが、効果的な特殊奏法による映画サウンドトラックの再現度合いが素晴らしいの編曲だと思います。無謀にもナイロンでこの編曲も弾いたことがあります。



7.アサド兄弟によるEgberto GismontiのBaião Malandro

アサド兄弟も1曲入れたくなります。特にこのアルバムが好きで収録曲はどれも素晴らしいのですが、音が細かいのにうねるようなリズムで海が目に浮かぶようなこの曲が好きです。動画は若いころで、迫力もある素晴らしい演奏。



8.山下和仁によるTedescoの悪魔のカプリッチョ

ここまで来て、ギター独奏オリジナル曲がないことに気づきました。つくづく天邪鬼な自分を感じます。そこで、1曲をえいやっと選んだこれ。パガニーニ賛歌の哀愁あふれるメロディと構成感、後半に2つの主題が交錯するところが鳥肌だと思います。いろいろな演奏がありますが、やはり血気迫る山下でしょうか。ただし、セゴビア版ではなくオリジナルに近いと思われるジラルディーノ版があるので、これをベースにした演奏(自分なりにやってみました)がもっと出てくるといいなと思います。


9.佐藤弘和さんの秋のソナチネ

ギターオリジナルでは、やはり佐藤さんの曲が必要です。堂々たる3楽章ながら、ロマンチックで各楽章の構築感もあるこの曲は、佐藤ワールドの集大成なのではないでしょうか。動画は海外の学生らしき人ですが、しっかりした演奏で好感が持てます。いつか自分でも弾いてみたいと思います。
SpotifyにはDaniel Quinnさんの演奏がありました。



10.Michael ManringのThe Enormous Room

こちらも昨年ライブに行きました。正確には特殊なベースによる楽曲ですが、この曲ではその機能を存分に生かしながら、ゆったりとしたメロディがかもし出す浮遊感が素晴らしいと思います。


だいぶ偏った選曲になりました。気に入った曲はできる限り弾こうとするという芸風も出ていますね。まあ、私の嗜好はこんなもんですということで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.03.19

佐藤弘和『音楽のエッセイ』、CD『鳥が飛ぶ』同時発売記念コンサート

昨年、惜しくも亡くなった佐藤弘和さんの遺作とも言うべき曲集「音楽のエッセイ~ギターソロのための24の小品集~」とそれを収めたCD「鳥が飛ぶ ー佐藤弘和作品集ー」の原善伸さんによる発売記念の全曲演奏コンサートにうかがいました。

心に染みるコンサートでした。
最初は、独奏の24の小品から。少しだけですが参加させてもらい作曲時の経緯を知っていると、その日々の佐藤さんの気持ちを反映した純粋な美しさがあるのが感じられます。また、原さんのすっきりとした音とともに、思い出のアルバムをめくるような気持ちになり、特に最後のコラールは胸に迫るものがありました。CDを聴きながら書き忘れてたことを思い出して追記します。この曲集の中でも、特に退院されてからの7曲に、何か強い思いがあると思います。この曲集はとても大切なものであることを感じました。
後半は重奏で、まずは鈴木大介さんとの2重奏。これらは24のソロと同曲ながら和声が充実していて別の曲のように聞こえます。そして3重奏の夏野原。大萩康司さんが加わってこれ以上は考えられない豪華な組み合わせで、爽やかなこの曲を楽しませていただきました。
アンコールでは、原さんのソロに続いて、3重奏で光の街というサプライズ!鈴木さんのウイットに富んだMCもあり、この豪華なメンバーで定番曲を聴けたのは貴重でした。

終演後は、購入したCDにサインしていただき、3人の名前が入ったプレミアム物のおみやげを持って家路につきました。
<追記>
CDを聴いていますが、これは素晴らしい。録音が良く音が美しい。表現を細かいところまで磨み佐藤さんの意図がよく反映されていて、聴いていて心地よいだけでなく演奏するときの参考としてもありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.05

冬に食べたもの2016-2017

2月も終わりましたので、この冬に食べたものをまとめておきます。

冬はラーメンがおいしくなりますね。
東京国際ギターコンクール前は、乗換駅の下北沢がチャンススポット。事前調査で評判が高かった一龍というお店で中華そばを食べました。
ここは最近流行の魚介を使わないで作る昔ながらのスープのレベルが高い。鶏や豚、野菜によって深い味のダシが出ているようです。ただし、紅しょうがは不要な気がしました。

あの奇跡の佐藤さんの作品展の後に中華そば青葉府中店に寄りました。
魚介が利いたくどすぎない普通の中華そばで、麺のつるつる感高く、チャーシューも十分なボリュームで遅い時間の夕食にぴったりでした。(ほんとか)

仙川でめでた屋というお店を開拓。
これといった特徴は無いのですが、醤油ラーメンを手堅くまとめた一杯でした。チャーシューも十分な大きさ。細麺の食感が心地よいゆで具合です。

代々木上原では、大勝軒に行きました。数ある大勝軒の中でも歴史ある1店のようです。
ノーマルのつけそばを食べました。つけ汁はさっぱりとしていますが、中華ダシのうまみを感じます。自家製の麺は十分な太さとともにつるっとした食感が素晴らしい。ここは麺を楽しむ店だと思いました。

神保町では、麺屋33の通常営業日に再訪しました。
今回はさっぱり系の丸鶏うま味そばを醤油でいただきました。チャーシューが鶏と豚両方入るのがいいですね。褐色のスープは鶏の深い味わい。細麺もよく合っていました。
今度はつけ麺が食べたいなあと思ったので、ここは再再訪して、塩つけ麺をいただきました。lこれは思っていたよりオー6ソドックスながら、海老油とゆずの香りのアクセントが良い味わいです。

調布では、息子と一緒にしば田というお店を開拓しました。
私は中華そばを注文しました。鴨ダシとのことでしたが、それを強く感じることはないものの甘みのある本格中華の醤油スープに歯切れのいい食感のストレート細麺が究極のラーメンを形作っていました。低温調理のチャーシューは薄切りですが、ゆえにローストビーフのような美味しさ。息子の食べた煮干そばのスープもちょっと味見しましたが、お互い次はそっちが食べたいといううまさ。ここは全国区レベルでした。

ヤマンドゥの後に渋谷で櫻坂に再訪。前回はラーメンでしたが、今回はつけ麺にしてみました。麺は同じ中太ストレートでつけ麺にも合っています。熊本ラーメンによくあるやつと思い当たりました。味に大きな違いはないので、どちらにするかは好みでしょうか。

ラーメン以外もあります。
プチ発表会の打ち上げで食べたトビウオがうまかった。正に飛んでいるようなお姿。
身が引き締まっていました。ひれもパリパリ食べられてお酒のあてに最高でした。

久しぶりに行ったマンマパスタでの季節のメニュー。
生ハム、生野菜が乗ったトマトソースの無い白いピザ。サラダ感覚でおいしかった。

ごくたまに「ぼっちランチ」になるときには、外に出てちょっといいものを食べてみることにしました。
で、久しぶりに行った「やんも」で、めぬけの味噌焼きをいただきました。
ここは夜は高くて行けませんが、ランチではリーズナブルな値段で炭火でふっくらと焼いた魚をいただくことができます。ご飯も味噌汁もおいしい。

渋谷でのとあるライブ帰りのスペイン坂で、ふらっと立ち寄ったイタリア料理がうまかった。
自家製の生ハムなどの盛り合わせ。3人前でも十分なボリュームで、それぞれ味わい深い。
ピザもうまい。ちょっとおごって生ハム三昧の1品とオーソドックスな1品。
イタリア直輸入の生パスタ。一瞬、麺でなかったのか!と思いましたが、食感がよく美味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヤマンドゥ・コスタ ギターリサイタル